パソコンを取り出す必要なし?米の空港が新型マシンを試験導入

7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置を国内40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。この装置があればバッグからパソコンなどの電子機器を取り出さなくてよくなる、というから驚きです。

ちょっとしたことでもかなり面倒だと思っていたから嬉しいな〜。列に並ぶ時間も短縮されそうだし。

TSAの発表の前には、同じような装置がヒースロー空港とスキポール空港に試験導入されて、多くの注目を集めていましたよね。この流れが日本にやってくるのが待ち遠しい!

Top image: © Monkey Business Images/Shutterstock.com

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で旅情報もチェック!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
「Mass Suit」は胴体から腕や脚へとつながる合計8本のチューブによる負荷で、全身を鍛えようというトレーニングマシンです。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。
LCCに乗り込むため移動する、第2ターミナルから第3ターミナルまでの道のり約500m。荷物を持ってのこの距離には、「遠い……」と呟いてしまうのも仕方がない...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。