バーグドルフのディスプレイにもなった、「チュールで描く」ポートレート

このポートレート、実はチュール(バレリーナのスカートなどに使われている、あの透け感のある生地)で作られているんです!

制作しているのはロンドン出身のアーティストBenjamin Shineさん。The Surrey Institute of Art and DesignとCentral St Martinsでファッションデザインを学び、国際的な芸術賞も多く受賞しているアーティストです。

Benjaminさんがチュールに出会ったのは学生時代。通学路にあった生地屋さんをのぞくと、チュールが床から天井まで積み上げられていたのだそう。その時から「いつかチュールで何か作ろう」と思っていたといいます。

チュールでポートレート製作をはじめたのは2008〜2009年頃。それ以降、たくさんの人がBenjaminさんの作品に魅了され、2017年にはニューヨークの高級デパート『バーグドルフ・グッドマン』のウィンドウ・ディスプレイも担当しました。

素材がもつ神秘性と、布を重ねるごとに輪郭が浮かび上がり、生命力を増していく芸術性を秘めた作品の数々。Benjaminさんの作品はInstagramでも公開されているので、ぜひチェックしてみて。

©Valerio Mazzanotti
Top image: © Benjamin Shine
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。