バーグドルフのディスプレイにもなった、「チュールで描く」ポートレート

このポートレート、実はチュール(バレリーナのスカートなどに使われている、あの透け感のある生地)で作られているんです!

制作しているのはロンドン出身のアーティストBenjamin Shineさん。The Surrey Institute of Art and DesignとCentral St Martinsでファッションデザインを学び、国際的な芸術賞も多く受賞しているアーティストです。

Benjaminさんがチュールに出会ったのは学生時代。通学路にあった生地屋さんをのぞくと、チュールが床から天井まで積み上げられていたのだそう。その時から「いつかチュールで何か作ろう」と思っていたといいます。

チュールでポートレート製作をはじめたのは2008〜2009年頃。それ以降、たくさんの人がBenjaminさんの作品に魅了され、2017年にはニューヨークの高級デパート『バーグドルフ・グッドマン』のウィンドウ・ディスプレイも担当しました。

素材がもつ神秘性と、布を重ねるごとに輪郭が浮かび上がり、生命力を増していく芸術性を秘めた作品の数々。Benjaminさんの作品はInstagramでも公開されているので、ぜひチェックしてみて。

©Valerio Mazzanotti
Top image: © Benjamin Shine
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。