バーグドルフのディスプレイにもなった、「チュールで描く」ポートレート

このポートレート、実はチュール(バレリーナのスカートなどに使われている、あの透け感のある生地)で作られているんです!

制作しているのはロンドン出身のアーティストBenjamin Shineさん。The Surrey Institute of Art and DesignとCentral St Martinsでファッションデザインを学び、国際的な芸術賞も多く受賞しているアーティストです。

Benjaminさんがチュールに出会ったのは学生時代。通学路にあった生地屋さんをのぞくと、チュールが床から天井まで積み上げられていたのだそう。その時から「いつかチュールで何か作ろう」と思っていたといいます。

チュールでポートレート製作をはじめたのは2008〜2009年頃。それ以降、たくさんの人がBenjaminさんの作品に魅了され、2017年にはニューヨークの高級デパート『バーグドルフ・グッドマン』のウィンドウ・ディスプレイも担当しました。

素材がもつ神秘性と、布を重ねるごとに輪郭が浮かび上がり、生命力を増していく芸術性を秘めた作品の数々。Benjaminさんの作品はInstagramでも公開されているので、ぜひチェックしてみて。

©Valerio Mazzanotti
Top image: © Benjamin Shine
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...