新婚旅行は「クルーズ」を選ぶべき5つの理由

結婚式を挙げたふたりにとって次の大きなイベントって、そのタイミングでしかできない特別な旅、ハネムーンではないでしょうか。ハワイの各島々で過ごしたり、ヨーロッパやオーストラリアを周遊したり……と、この機会にまだ見ぬ世界を知ることだってできます。幸せなふたりの旅路に自然と期待は膨らみます。

でもそれ以上の、非日常な体験があります。それが意外と海の上。

提案したいのは、ハネムーンに船上ライフを楽しみながら各地を巡るクルーズの旅。プリンセス・クルーズでいく豪華客船の旅であれば、大切にしたい旅の時間を、ひとつ上質なものに演出してくれるポイントが数々あります。

01.特別なふたりだから受けられるアニバーサリーパッケージ

豪華客船の旅となるだけでも、特別感は高まると思います。ただ、プリンセス・クルーズでは、ハネムーン用に特別なお祝いのパッケージも用意され、ふたりの門出を彩ってくれます。

まず部屋に入ると待っているのはシャンパンのサービス。ふたりの出発を記念するようにハネムーン気分も盛り上がります。天気のいい日なら、開放的なデッキにあるプールサイドのジャグジーに行き、シャンパン片手にリラックスというのもいいでしょう。

©プリンセス・クルーズ

そして、スパ施設にある岩盤浴チェアやスチームサウナ、アロマサウナなどがある有料エリアのサーマルスイートを利用できます。このスパで、カップル・マッサージを受けられるパッケージもあり、イベント続きで疲れたふたりの身体をゆったり休めることも可能です。

船のスケールが大きいプリンセス・クルーズだからこそ、こういった癒しの時間にもプライベートを重視したふたりだけの空間が用意され、贅沢でリラックスした時間を過ごせます。

02.美食協会も認める絶品グルメをふたりだけでも楽しめる

©プリンセス・クルーズ

国際的権威を持つ美食協会「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール」に所属するシェフのフルコースディナーが毎晩贅沢に楽しめるのがプリンセス・クルーズ。カーティス・ストーン氏やエマニュエル・ルノー氏など有名シェフとのコラボメニューもあり、数々のアワードを獲得した予約のとれない人気レストランの料理が楽しめます。これらがクルーズ代(一部を除く)に含まれているのも安心して過ごせるポイント。一般的な旅行にでて、ハネムーンなのにお店探しにふたりの時間を浪費してしまうなんてこともありません。

特別な夜と決めたら、イタリアンやステーキハウスなどのスペシャリティ・レストランでの豪華ディナーの選択もできます。また、客室バルコニーでの食事を選ぶなども可能で、プライベートなふたりだけの時間を食事のときも過ごせます。

03.船の上でもさまざまな新体験でふたりを別世界に誘います

©プリンセス・クルーズ

せっかくのハネムーン。ふたりを幸せ気分のまま別世界へ連れて行ってくれるような体験も、船上では盛りだくさん。週2回*のフォーマルパーティには、ぜひドレスアップをして非日常を楽しみたいところ。普段なかなか着ることのないドレスで装い、写真を撮ってもらうのもハネムーンのいい思い出に。

秋にはハロウィンなどシーズン毎の様々な催しや世界のフェスティバルが体験できます。海外からの乗客も交え、インターナショナルな雰囲気でお祝いする世界の行事は、本場の空気を楽しむこともできるでしょう。

*クルーズによって異なります。

04.輝く星に囲まれながら映画鑑賞という時間も

©プリンセス・クルーズ

施設も充実した豪華客船なので、あれこれやりたくなってしまいますが、ハネムーンのふたりなら、何もしないのんびりと優雅な時間を過ごすのもいい。夜になると船上では満天の星空を鑑賞することもできますし、そのままプール横に設置された大型スクリーンでの映画鑑賞も楽しめます。他に聞こえるのは波の音だけ。ハネムーンと浮かれることに急かされない、ゆったり寛げるひと時も大切です。

05.船の中でも外でも自分好みにカスタマイズ

©プリンセス・クルーズ

船内での生活は豪華なだけでなく、数々のアクティビティが用意され、満喫しつくせないくらい。オスカー受賞作曲家、スティーブン・シュワルツ氏とタッグを組んだ本場ラスベガススタイルのショーやダンスレッスン、カルチャー教室、カジノなど早朝から深夜までさまざまなプログラムが無料で開催。ふたりで何から楽しめばいいのか悩むことになるかもしれません。

船内生活を満喫し、ぐっすり休むともう次の寄港地に到着。毎日目覚める度に新しい場所に訪れることができるなんてクルーズだからこその体験です。数々の寄港地へと旅するクルーズですから、各地での思い出も残しておきたいもの。そんなときに、港からの送迎もついた船のオプショナルツアーで安心して観光や買い物も楽しむこともできます。ふたりを祝福してくれたご両親たちへお土産を用意するのも安心です。

「何回でもハネムーン」に行きたくなる旅

人生の中でも大切にしたい旅となるハネムーン。これだけ特別なものに演出してくれるのであれば、クルーズという選択肢も素敵ですよね。

それに、行くたびに新しい体験ができるクルーズだからこそ、新婚から10年、20年と経って、初めてのあの時とは違う感動が味わえる2度目のハネムーン体験も実はオススメです。

セレブレーションパッケージ「リニューアル・オブ・バウズ」にて、出航した船の上で再び永遠の愛を約束。チャペルでは船の総責任者であるキャプテンが神父として立会ってくれるし、乗船客からの祝福も。プリンセス・クルーズの大型客船であれば、2000人を超える人たちから祝福されるかもしれません。

まとまった休みもとりやすいハネムーンという機会だからこそ、長い期間をつかって満喫したいラグジュアリーな船上生活。きっと、夫婦のスタートを祝う旅が、幸せに満ちたものになるはずです。

外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
米系大手クルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、目的地に向かう以外の楽しみがこれでもかというほど詰まって...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
シンガポール発着のクルーズ「It's The Ship」は、途中の目的地もなく公海を進み続けます。でもお気になさらず、だってこのクルーズの目的は、連日連夜...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「U River Cruises」は、ドイツ、オーストリア、オランダなど5ヵ国を訪れることができるクルーズ。低層でコンパクトなのは、川の上を進んでいくから...
ニッチなテーマがたくさんあるなかで、ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO C...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...