足ツボ、卓球、瓶ビールでととのった! 長野・渋温泉で、昼そぞろ

原宿竹下通りや渋谷センター街のような華やかさとは違うけれど、長野県渋温泉の温泉街には、 なんともクセになる、ここならではの空気感があります。

 

外湯めぐりをしてもよし、無料で入れる足湯を楽しんだり、卓球場で遊んでもよし。昼から一杯飲めるお店もあります。日常の仕事や雑務のことは一旦忘れて、渋温泉で昼のそぞろ歩きに繰り出しましょう。

 

“そぞろ歩き”とは、元々あてもなくぶらぶらと歩き回ることを言いますが、温泉街のお散歩を意味して使われたりもする言葉。宿で浴衣と下駄を借りてするそぞろ歩きもおすすめです。いざ、渋温泉の昼そぞろ。

足湯でツボ押しのあと
逆さまなサルを参拝

おすすめその1:「信玄足湯と温泉寺」

©2018 ETSU MORIYAMA

渋温泉には、誰でも入れる足湯が2つあるのですが、今回は街の東奥にある「信玄足湯」をおすすめしたいと思います。まずは、温度の違う4つに区切られた足湯を堪能。のちに、その周りを囲むツボ押しの足湯を2周ほど回ってみてください。大きさの違う石が敷き詰められていてその上を歩くだけなのですが、大体の人がヒーヒー言いながら回ります。でも、終わってみてビックリ。足がとても軽くなるので、色々とお疲れの方は特に立ち寄ってチャレンジしてほしいスポットです(もちろん効果に個人差あり、そもそも痛すぎて歩けない人もあり)。

©2018 ETSU MORIYAMA

足湯 足休処信玄

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2094
営業時間:8:00~22:00

足ツボで体をととのえたら、足湯の右側を上って「温泉寺」にも行ってみてください。ここは弘治元年(1555年)に開山された曹洞宗のお寺で、武田信玄ゆかりの場所とも言われています。川中島の戦いで負傷した武田勢兵士の傷を癒したとされる隠れ湯、信玄釜風呂も残っています(老朽化により無期限閉鎖中)。

©2018 ETSU MORIYAMA

さらにここには、素通りせずにはいられないものが。それはこの「見るさる・言うさる・聞くさる」の石像です。

©2018 ETSU MORIYAMA

対面には、正解バージョンも。

©2018 ETSU MORIYAMA

なぜ温泉寺では、栃木県日光東照宮で有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」と全く反対の像を作ったのでしょうか? 気になるその答えは、「これを作った先代の住職が、ダジャレ好きだったから」。ギャフン! 予想外の答えでしたが、深い意味はないとはいえ、せっかく渋温泉に来たら一見の価値ありです。

横湯山 温泉寺

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2032
TEL:0269-33-2220
営業時間:特にありませんが、明るいうちがおすすめです

街の卓球場で
渋の昔にタイムスリップ!

おすすめその2:「歌恋会館」

©2018 ETSU MORIYAMA

温泉といえば卓球、そんな人も多いと思います。渋温泉では、街の中に誰でも無料でできる卓球場があります。台も、ラケットも、だいぶ年季が入ってはいますが、ラバーの痛み具合を見ていると、たくさんの人がここを訪れては通り過ぎて行ったことが感じられて、なんだかノスタルジックな気分になります。

©2018 ETSU MORIYAMA

ノスタルジックといえば壁に貼ってある写真たち。昔から行われてきたお祭りの様子や、変わりゆく街の様子が記録され、ギャラリーのように飾られています。

©2018 ETSU MORIYAMA

写真を眺めているうちに、一つ遊びを思いついたのでご紹介しますね。

©2018 ETSU MORIYAMA
©2018 ETSU MORIYAMA

昔の写真と同じ場所から写真を撮ってみる、という遊びです。

©2018 ETSU MORIYAMA
©2018 ETSU MORIYAMA

比べてみると、ここには昔は壁がなかったんだな、とか、道の幅が少し変わったな、とか、街をより丁寧に切り取って見ることができたりも。そもそもあれ? あまり変わっていないかも……そんなことに気がつくものまた面白いと思います。

少々マニアックかもしれませんが、そぞろ歩きのついでにこんな遊びを入れるのも、案外楽しいかもしれません。

歌恋会館

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2189
営業時間:9:00〜22:00
定休日:なし

おやきと馬刺しでお昼から…

おすすめその3:「そば処 やり屋」

©2018 ETSU MORIYAMA

おそらく、いや間違いなく昼そぞろをしていると、明るいうちからちょっと一杯……なんて気分になると思います。その時はここ、やり屋さんがおすすめです。

“やり屋”というちょっと不思議な店名の由来は、先代が長野県飯山市で、槍の研ぎ師をしていたから(まさに、槍屋さん)。絶対に頼んでほしい二品はこちら。そば粉を使った特製のおやきと、馬刺しです。

©2018 ETSU MORIYAMA

馬刺しは長野や熊本産のものから、自分たちが食べて美味しいと思ったものを毎回仕入れて出しているんだそう。美味しかったので取材のあとにゆっくりいただこうと思っていたら、ちょっと目を離した隙に、カメラマンにほとんど食べられてしまいました(涙)。

おやきは切り干し大根、野沢菜、にんじん、油揚げ、生姜、ねぎなどたくさんの具が入っていて、うまみの響宴が素晴らしく、ボリュームも満点です(直径10センチくらいありますがこれで一個150円!)。日によってはあんこやかぼちゃ、りんごチョコのおやきを出すこともあるそうですが、どれも想像しただけで美味しそうです。

©2018 ETSU MORIYAMA

サービスで、巨峰とりんごも出していただきました。季節の美味しいものがあると、こうして出してくださるというのも嬉しいです。

 

お店の中には、お座敷とテーブル席があるのですが、ペットを連れたお客さんも、テーブル席ならOKとのこと。どんな人でも来られるお店にしたい、来られない人をなくしたいという、女将・一栄さんのこだわりです。メニューも、渋温泉に多く来る海外からのお客さんにもわかりやすいよう、英語での説明が。娘さんが作ってくれているそうなのですが、おやきの紹介は、実際に食べた外国人のお客さんがわかりやすく書き足してくれたんだとか。

 

おやきは信州の郷土料理。腹持ちがよく、中におかずも入っていて栄養満点なので、元々は農家さんが農作業に行く時に作って持って行ったものなんだそう。今回はお酒のアテにいただきましたが、それもまたよし。

©2018 ETSU MORIYAMA

ところで、お店のいたるところに置いてある置物やグッズにも、触れないわけにはいきません。昔みやげ物屋を営んでいた先代が置物好きで、招き猫や民芸品を店にたくさん置いたんだそうです。ゲームキャラクターのグッズは、数年前に渋温泉で行われたイベントの時、ゲーム会社の人に置いてほしいと言われて置き出したら、その後に来るお客さんまで置いて帰り出したのだとか。どんどん増えるけど、お店のものを持って行かなければなんでもいいです、とのこと。そんなおおらかな対応も、やり屋さんらしさ。

 

50年前はこの辺にも、ダンスホールやストリップ、パチンコ、観覧車もあったのよ、なんて街の歴史も聴きながら、昼からおやきと馬刺しで一杯やって、シメにご主人・博昭さん自慢のおそばをいただく。たぬきそばが人気だそうですが、ここはあえての山菜そば。信州の山の恵みがモリモリで、650円! 嗚呼、大人って最高だなぁ。

©2018 ETSU MORIYAMA

そば処 やり屋

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2165-2
TEL:0269-33-2619
営業時間:11:00〜16:00頃、18:00〜23:00
定休日:なし

他にもたくさんのおすすめがありますが、今回はこの辺で。

楽しい渋温泉の旅になりますように。

Top image: © 2018 ETSU MORIYAMA
取材協力:渋温泉旅館組合
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!