定番紅茶ブランドが選ぶ「軽食」に注目

クリスマスシーズンは「休日の午前中」を優雅にしてみませんか。

いつもより穏やかな雰囲気の街に出て、静かなカフェで待ち合わせ。まったり楽しくブランチして、ショッピングに出かけて、素敵な一日をスタートさせたいもの。

12月に行くなら、代官山にあるこのお店がピッタリです!

「午後の紅茶」のカフェで
クリスマスブランチ

©YOSHIHIRO MIYAGAWA

ここは、30年以上続く紅茶ブランド「キリン 午後の紅茶」が運営しているカフェ「Milk.Black.Lemon.By GOGO NO KOCHA」。真っ赤な壁が特徴的で、ハンギングチェアも利用可能な、落ち着きのあるお店です。

「午後の紅茶」という名前は、もともと夕飯を待ちきれずに軽食をとったのがはじまりと言われているイギリスの文化「アフタヌーンティー」が由来なので、じつはブランチに合う軽食メニューが豊富。

紅茶ブランドが選び抜いた
フードメニューに注目

©YOSHIHIRO MIYAGAWA

クリスマスブランチというセットメニューがあるわけではないんですが、サンドイッチやトースト、キッシュ、スイーツなど、組み合わせを考えるのが楽しくなるメニューばかりで、どれもサラダやフルーツが添えられていてバランスもグッド。

気軽に複数頼めるサイズのメニューが多いので、何品か一緒に注文する女性も少なくないとか。お茶しに行くだけでも大満足なのですが、紅茶との相性を考えてフードが選び抜かれているので、専門店ならではの意外な選びにも出会えるんです。

チーズと紅茶は相性がイイ!

©YOSHIHIRO MIYAGAWA

オススメの定番は「とろけるチーズトースト」。ガブッとかぶりつくと、サクふわな食感や、焼き色のついたチーズの香ばしい匂いで口の中がいっぱいに。コショウも利いていて、一口食べるごとに食欲が刺激されます。

しかもコレ、まろやかなミルクティーと相性抜群。意外にも口の中がさっぱりして食が進むんです。チーズと紅茶の組み合わせって、ヨーロッパでは珍しくないのだそうですが、こういう意外な選びに出会えるのは嬉しいですよね。好きなメニューを組み合わせればボリュームも大満足!

今しか味わえないキッシュや
クリスマス限定ケーキも一緒に

©YOSHIHIRO MIYAGAWA
©YOSHIHIRO MIYAGAWA

12月は、サクサクした素焼きごぼうの食感とバターソテーされた春菊が合う、冬季限定の「たっぷりゴボウと春菊の和キッシュ」や、ミックスフルーツをふんだんに使った「~Xmas限定~シュトーレン風パウンドチーズケーキ」など、季節感を盛り上げるメニューがたくさんあります。

クリスマスブランチに最適なメニューが多いのはドリンクも同じで、紅茶をいれる体験そのものが特別なホットティーも。

一見、スイーツのようですが、紅茶を注ぐことでわた菓子やチョコレートがとろけたり、フルーツが花のように開いたりする様子を目で見て楽しめる、期間限定メニューなんです。

癒やされる冬だけのアレンジドリンク
とろけるホットティーにうっとり!

©YOSHIHIRO MIYAGAWA

左から順に、ふわふわのわた菓子に紅花があしらわれたゆずとはちみつとドライジンジャーの紅茶「コットンキャンディーマジック」、チョコレートドームとストロベリーの紅茶「メルティーショコラサプライズ」、雪に見立てたホワイトチョコの紅茶「~Xmas限定~パウダースノーストロベリーティー」。

ふんわり香る甘ーい匂いを感じながらティーポットを傾け、スイーツがとろけていく様子をぼんやり眺める時間は、癒やしそのもの。

もちろん、紅茶ブランドのカフェなので、季節限定に限らずグランドメニューのドリンクも華やか。

ポカポカにあたたまる
花のような紅茶が美しい

©YOSHIHIRO MIYAGAWA

アップルシナモンティーは、紅茶を注ぐとスライスされた林檎の果実が薔薇の花びらのように開く美しいメニュー。ホットオレンジチャイは、生クリーム入りのミルクを入れると、このお店だけのオリジナルメニューに。どちらも、フルーツの爽やかな香りとともに、スパイスが体を芯から温めてくれるホットティーです。

ちなみに、紅茶とミルクのどちらから先に注ぐかは諸説あるそうで、午後ティーカフェではミルクをたっぷりと入れてから紅茶を注ぐことを推奨していました。フレッシュな味わいが保たれ、後味がすっきりしたおいしいミルクティーができあがるようです。

店内には、そんな豆知識を紹介している無料のブックレットなどもあります。紅茶の香りでときめき感がアップする……なんて話もあるみたい。12月の休日に待ち合わせをするなら、ここでクリスマスブランチを!

■店舗情報
「Milk. Black. Lemon. By GOGO NO KOCHA」

住所:東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山1F
電話:03-6455-0913
営業時間:月曜~日曜 11:00~20:00
定休日:水曜(年末年始を除く)

■クリスマス限定メニュー販売期間
<12月15日(土)〜25日(火)>
~Xmas限定~シュトーレン風パウンドチーズケーキ
※1日10品まで
~Xmas限定~パウダースノーストロベリーティー

■冬期限定メニュー販売期間
<12月1日(土) 〜 2月28日(木)>
たっぷりゴボウと春菊の和キッシュ
ゆずピールとミルクチョコのしっとりパウンドチーズケーキ
コットンキャンディーマジック
メルティーショコラサプライズ
ストライプティー ペア&アップル

andmore
他の記事を見る
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
抹茶、紫芋、かぼちゃなど味は全部で6種類代官山で6色のカラフルなラテが楽しめるカフェink. by CANVAS TOKYO〒150-0034 東京都渋谷...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
ロンドンで定番のソルトビーフサンドを手軽に! 渋谷の街角にオープンしたカフェスタンド hello! from GOOD MEALS SHOP〒150-00...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
コミュニティを作る型破りなお茶屋が代官山に誕生 カジュアルに本物のお茶を楽しめるティースタンドTEA BUCKS〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
NYで流行中! 代官山でワインを飲みながらアートを絵画を楽しめるバーArtbar Daikanyama〒150-0034 東京都渋谷区代官山町7-2htt...
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!