あのモンブランが「旅」に本気

ここ数年の万年筆ブームは、振り返ってみるとすごく自然な流れなのかもしれません。手書きはやっぱり味があって楽しいし、クラフトマンシップが感じられることも、使い捨てじゃないっていうことも、やっぱり嬉しい。

そんな、所有感を満たしてくれる万年筆のトップブランド「モンブラン」に、旅をテーマにしたバッグやスマートウォッチがあることは、あまり知られていません。

マイスターシュテュックみたいに、こだわりに溢れた “旅のお供” を紹介したいと思います。あえて機能の話はあまりしません。なぜなら、とにかくカッコいいから!

移動が楽しくなる
モンブランの「トローリー」

モンブランの「キャビン トローリー」は、ボディ全体が軽くて機動力があるので、旅をする機会が多い人におすすめ。

そして、なんといっても随所のブラックレザーが秀逸です。

ハンドル部はレザーになっていて、持ち心地が気持ちいい。長時間の旅でも手が痛くなりづらいんです。デザインのアクセントにもなっています。

また、モンブランのエンブレムはひとつずつイタリアの職人が手作業で取り付けていて、それもまた味わい深い。またこのトローリーは、最先端の技術を投入したハイエンドなタイヤで名高い「Pirelli(ピレリ)」とのコラボレーション。ハンドルやホイールにはロゴも入っていて存在感あり。

ちなみに、37L(38x55x23cm)は手荷物として機内に持ち込めることも多いので、使い勝手もいいんです。

→モンブランのトローリーが気になる!

ビジネスシーンにも馴染む
モンブランの「バッグ」

ビジネスの旅(「移動」と言ってもいいかもしれませんね)が多い人にとっても、モンブランの質感やデザイン性はプラスです。

My Montblanc Nightflightコレクションのバッグは、カジュアルさを活かしつつ、そのまま商談にも行けるほどの確かなつくり。

ダークブルーの色合いを、随所のブラックレザーが引き締めています。

中の仕切りも2つに分かれていて、ノートパソコンをしまうのにも便利。背面はトローリーのバーにセットできる仕様にもなっています。フック付きのキーレスもあるおかげで、海外旅行のお供にも良さそうです。

→もっと知りたい!

ジェットセッターにも愛される
「スマートウォッチ」

旅を彩るモンブランのアイテムは、トローリーやバッグだけではありません。

ビジネスもプライベートもアクティブに過ごしたい人に最適な、スマートウォッチ「SUMMIT 2」もその仲間のひとつ。モンブランもサミットも、意味するところはまさに頂点。伝統と最新が詰まっているんです。

たとえば、Google Assistantとの同期でフライトの状況確認ができたり、リマインダーやメッセージにも対応。さらに心拍数の計測など、フィットネスとの付き合いを日々アシストしてくれる機能もついています。

とはいえ、一番気になるのが「時差ボケ防止機能」。Timeshifter®️アプリとウォッチフェイスを使うと、睡眠パターンや現在地、フライトパターンなどに基づいて、時差ボケを最小限に抑えるアドバイスをしてくれるそうです。宇宙飛行士やトップアスリート用の最新技術が、スマートウォッチという小さな宇宙に盛り込まれているんです。

高級な筆記具でその名を広めたモンブランが、今の時代に合った “所有感” を表現してるのが、まさにこの「SUMMIT 2」なのかも。

→詳しくはコチラ

新宿伊勢丹で
モンブランに触れる

ここまでに紹介してきたモンブランのトローリーやレザー商品などの、実物に触れられる機会があります。

2019年4月24日(水)〜5月28日(火)の約1ヶ月間、新宿伊勢丹にてトラベルコレクションを中心にポップアップイベントが開催。Pirelliとのコラボレーショントローリーも、このポップアップストアでのみ先行販売されるそうです。

また、4/24(水)〜4/30(火)の期間に「#MY4810トローリー」を買うと、KEEENUE、ABEBE、COIN PARKING DELIVERYらアーティストによるワンポイントアートがペイントしてもらえるサービスも実施。即日、数時間での受け取りも可能とのこと*。

旅とアートに目がない方は、ぜひ。

*最終受付時間は18:30。間際の依頼となった場合、当日の受け取りが難しい場合もあり。

「モンブラン トラベル コレクション - A JOURNEY OF LIFE - 」

日時:2019年4月24日(水)〜 5月28日(火)
場所:伊勢丹新宿店メンズ館 地下1階=ラゲッジ
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
10月9日(水)〜25日(金)の間、東京・大阪の6ヵ所のビジネス街に“旅するコーヒースタンド”と銘打った移動式カフェが出現。「MONTBLANC(モンブラ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。