西表島の自然と文化を次世代へ継承するプロジェクト「Us 4 IRIOMOTE」

KEENがリードするプロジェクト

©仲程長治

「Us 4 IRIOMOTE」はアウトドア・フットウェアブランド「KEEN(キーン)」が発足メンバーとなって牽引しているプロジェクトです。

2019年4月12日より販売されている「UNEEK EVO(ユニーク エヴォ)」のデザインモチーフはイリオモテヤマネコ。その売り上げの10%は「Us 4 IRIOMOTE」の活動に活用されます。

最後に「KEEN」がどういった経緯でプロジェクトを発足することになったのか?どんな思いを込めているのか?ということを紹介します。

キーン・ジャパン合同会社のジェネラルマネージャーである竹田尚志さんにお話を伺いました。

もしも西表島に行くなら
相当な覚悟を持ってほしい

©2019 TABI LABO

──率直にお聞きしますが、何が西表島に必要だとお考えですか?

 

もっとも改善が必要なのは、我々......私も東京に住んでいますけど、西表島に住んでいない人なんですよ。心構えや行動を変えるのが大切ですね。

 

──観光客のあり方が変わるべき、と?

 

そう。環境保護活動というのは、現地で暮らしている人にこんなことをしちゃいけないとか、こうするべきだと言うわけですけど、そうではなくて……。

地元の人たちには彼らの生活があって、今までの500年以上も受け継がれている暮らしがあって、その中で生まれて、守られてきた秩序があります。

そして、今回課題になっているのがオーバーユース。なんで自然が破壊されているのだろう?と考えると、許容範囲を超える多くの人がその場所に行くからなんですよ。

 

──西表島に訪れる観光客の増加が、自然を破壊する一因になっているんですね。

 

そうですね。もしも行くなら、訪れる地域に関する情報を前もってよく調べ、規則を守ることは大前提で、さらに何か、地域や自然にとって良いことをして帰ってきてほしい。例えば、ボランティア活動をしてみるとか。

 

──なぜKEENはこうしたCSR活動に力を入れているのですか?

 

オレゴン州ポートランドに本社があるKEENは2003年にできたアウトドア・フットウェアブランドです。その次の年に、スマトラ島沖地震が起きているんですね。その光景を見た創業者Rory Fuerstがすごく心を痛めてしまって。当時、マーケティング予算が約1億円くらいあったんですけど、それを全て災害支援活動に使ったんです。

これがブランドとしての社会貢献の始まりで、それからは会社を大きくして儲けるだけでなく、社会に恩返しをするとか環境保護をすることを経営の大きな柱にしています。

 

──その指針があったからこそ、西表島に目をつけることに。

 

2017年に石垣島と西表島に撮影に行く機会がありまして、自然を守っている方とお話をしたんです。ゴミ問題や世界遺産認定による入島者数の激増などの懸念をお聞きしたところ、素直に「ほっといちゃいけないな」と思いました。

そこからリサーチをして、どういうカタチでプロジェクトを立ち上げるのがいいのかを1年半くらいかけて考えて、やっと「Us 4 IRIOMOTE」のスタートポイントに立てました。

 

──「Us 4 IRIOMOTE」では何を伝えたいですか?

 

西表島は多様な動植物が生息し、絶滅危惧種も多く抱える島です。それはとても繊細なバランスの上に成り立っている生態系だということを意味します。地球にとって非常に貴重だということを多くの人に知ってもらいたい。日本人だけではなく、外国の方も同じです。とにかく知ってほしい。

で、頭の片隅に情報があったら、簡単に自然に悪いことをしなくなると思うんです。逆に、何も知識がないから野次馬っぽくイリオモテヤマネコを見たいと考えてしまう。ツアーが、ヤマネコに与えるストレスや人馴れによる交通事故の増加のことを知ったら、見に行こうと思いませんよね。

イリオモテヤマネコはこの島で奇跡的に数万年を生きぬいた。そういう奇跡的な動物がいるんだと心の中で楽しんでいただく。それがベストですね。

西表島について検索をするだけでもいいかもしれません。少しでも興味を持ってほしい。「Us 4 IRIOMOTE」は、そのきっかけになるような活動をしていきます。

©2019 TABI LABO

「西表島バナナハウス」の森本孝房さん

©仲程長治

「NPO法人 西表島エコツーリズム協会」の徳岡春美さん

©仲程長治

「やまねこパトロール」の髙山雄介さん

©仲程長治

「紅露工房」の石垣昭子さん

©2019 TABI LABO

「紅露工房」の石垣金星さん

Top image: © 2019 TABI LABO
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...