「ついでにBBQ」が、なぜ今っぽいスタイルなのか

BBQって、最後にはだいたい「楽しかった〜」って思うんですけど、そもそも会場までのアクセスが不便だったり、なんだかんだ終日空けないといけないから、直前で気が重くなることありません?

できれば、普段の生活リズムのなかにサクッとプラスして楽しめるくらいのBBQがしたいなぁと思っていたら、ありました。

しかも、超がつくほど本格的。

それが、完全予約制の大人向け貸切BBQのパイオニア「REALBBQ(リアルバーベキュー)」。この春には、タワーレコード渋谷にビアガーデンと、西麻布には最大級のパークをオープンさせました。

手ぶらで行けるし、都心で手軽においしいBBQが食べられるし、解放的なロケーションが気持ちいい……。最高かよ!

週末は
ショッピングついでにBBQ

REALBBQが体験できるのは、そのほとんどが都会の屋上パークです。

渋谷や赤坂、新宿やみなとみらい、銀座、代官山などの街の景色を眺めながらBBQできる会場が、いくつもラインアップしています。

「BBQ=遠出して週末の予定がつぶれる」というイメージがあった人も、このスタイルなら、日中お買い物してから帰りにみんなと集合してBBQ、というプランもありなのでは?

ショッピングやデートの帰りにレストランへ行くような感覚で、プライベート空間のBBQを思いきり楽しむことができます。

→気になる方はコチラ!

仕事の日は
クライアント訪問ついでにBBQ

もちろん、仕事終わりのBBQも最高です。たまには、夕方のクライアント訪問が終わってから、そのままみんなでGO! なんていかがでしょう。「そういえば、BBQ専用のクラフトビールがあるらしいですよ」と、クライアントを誘ってみるのもありです*。ビールに目がない相手なら、きっと高い確率で乗ってくるはず。

REALBBQのクラフトビールは、その道を知り尽くしたプロたちが、100%BBQのことだけを考えて開発したセゾンビール。

なぜ、セゾンビールか?

BBQのときのビールって、どうしてもぬるくなってしまうことが多いですよね。セゾンビールのいいところは、常温でもおいしく飲めて、かつ苦味が弱くてフルーティなので、ビールが苦手な人でも手に取りやすいところ。

しばらくは、REALBBQのパークでしか飲めない限定ビールだそうですよ。

※パークの予約時同様、事前予約が必要です。クラフトビールの発売は2019年8月頃を予定

ランチでも
ママ友会ついでにBBQ

REALBBQは、毎日忙しいママたちの “オアシス” にもなります。

手ぶらでOKだし、小学生以下は無料というのが嬉しい! また、2時間半の完全貸切なので「子どもが騒いだら他のお客さんに迷惑になるから……」なんて気にする必要もありません。

駅近のパークも多く、送り迎えの時間にヒヤヒヤするリスクも少なめ。準備や片付けの手間も省けます。

たとえば、天気がいい日のママ友ランチに使えば、屋上からの景色も楽しみながら、スッキリと気分転換にもなるでしょう。ちなみに、お酒やドリンクの持ち込みができるので、リーズナブルに予算を抑えることもできます。

→「行ってみたい!」という方はコチラ

ホンモノのBBQを、もっと身近に

基本メニューも充実してますが(お肉は1人あたり250g!)、じつはオプションも見逃せないんです。

たとえば、オージービーフの豪快なTボーンやトマホークステーキは絶品だし、女性に人気のラム肉にも注目。

REALBBQの代表が “ラムバサダー” に就任していて、ラム肉のプロフェッショナルが選んだショルダーラックがまた美味しいんですよね。

最近は、ガーリックシュリンプなどのシーフードも人気だそうです。

ちなみに、基本メニューの一例を紹介すると、

ローストガーリックチキン、イベリコ豚ステーキ、サーロインステーキ(1ポンド)、サルシッチャ、チョリソー、彩り野菜のガーリックライス、ガーリックバターコーン、スイートシナモンポテト、夏野菜のラタトゥイユ、マサラキャロットラペ、飴色玉ねぎと柚子のステーキソースなど。

HPからの完全予約制なので、当日バタバタすることもありません。

 

アクセスとロケーションがいいから「ついで」に楽しめるけど、その味はまさにホンモノ。

……なんだかお腹が空いてきましたね。

 

→詳しくはコチラ!

関連する記事

国内外1400種以上のクラフトビールを取り扱うサブスクリプションサービス「オトモニ」が、お肉と相性バッチリなスパイス「ほりにし」を同梱したクラフトビールセ...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
今冬に立ち上がったプロダクトブランド「LOOP EQUIPMENT(ループイクイップメント)」からファーストプロダクトとなる2種のクラフトビールがリリース。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
英ハンドクラフトメーカー「MijMoj Design Limited」が、オーク(ナラの木)で木製タンブラーを製作。