泊まってもいいんだけど、泊まらなくてもいい、渋谷のホテル

ホテルって「宿泊先」としてはもちろん、「立ち寄り先」にしても楽しいですよね。

隠れ家のように使えるレストランがあったり、仕事帰りに寄りたくなるバーがあったり。

本来はもっと “身近な場所” なのに「なかなか泊まる機会ないしなぁ」と、思っていませんか?

今ならまだ “穴場” かもしれない
渋谷のホテル

渋谷といったら……やっぱりスクランブル交差点?

渋谷はよく、東京の “ハブ” なんて言われ方をします。

エンタメ、グルメ、カルチャー、ファッション——。東京観光の中心であり、多くの観光客が引き寄せられてくることは、スクランブル交差点の様子を思い浮かべてもらえれば、一目瞭然。

そんな “ハブ・渋谷” のなかでも、ひときわ人の流れを感じるのが「渋谷ストリーム」。2018年9月、東急東横線の旧渋谷駅のホームおよび路線跡地などにオープンしたのは記憶に新しいところです。ストリーム(=流れ)という名前の通り、さっそく新しい渋谷のムーブメントを生み出しているように感じます。

そんな「渋谷ストリーム」のなかに、ホテルがあることはまだあまり知られてなく、知っていても “立ち寄ったことはない” という人が多いみたいです。

「渋谷ストリームエクセルホテル東急」には、立ち寄りたくなるバーがある
さりげない、ロビーラウンジのアートワークが絵になる
バーには毎日違うDJが立つ。No Charge、Entrance free!
このホテルの宿泊客は、60%が外国人
→気になる方はコチラ

「ハブ→ストリーム→トレント」
東京の “流れ” が集まってくる

「ハブ→ストリーム」ときて、さらにホテルにあるバー&ダイニングのネーミングは、「TORRENT(トレント)」。直訳すると、激流です。

この「TORRENT」が、フロントロビーからシームレスにつながっていて、渋谷のなかでもさらに勢いのある “流れ” を生み出しているワケですね。ちなみに「渋谷ストリーム」は、グーグル合同会社の本社機能の入居も控えていて、さらに世界的なハブになっていくこと間違いナシ。

 

……とはいっても、「TORRENT(トレント)」には肩ヒジ張らず、気軽に食事にいくのが正解です。おいしい食事やドリンクが待っていて「もっと早く来れば良かったなぁ」と思えるはず。

「本格×カジュアル」こそ
渋谷らしい

同じく渋谷にある「セルリアンタワー東急ホテル」のフレンチでシェフを務めていた永妻信人さんが料理長を務める、TORRENT。

その魅力はなんと言っても、食材へのこだわりと、カジュアルさです。

食材は料理長自らが産地に足を運び、生産者さんと顔を合わせながら選んだものばかり。「自分の子どもに食べさせられないものを、お客さまに出せないですから」と、安心の言葉。

「和」の要素も残しながら、ビストロのようなカジュアルさへの挑戦こそ “渋谷らしい” のかもしれません。

貴重な国産。飛騨高山産の「シャルキュトリー」が絶品
コース、アラカルト、どちらで楽しむもよし
深谷市にある花園養蜂場の「完熟はちみつ」は驚きの美味しさ

こんな風に、ホテルだからと言って泊まらずとも、食事とバーだけで十分楽しめてしまうんです。

でもね……

泊まると
また違う「渋谷」が見えてくる

当然 “泊まっても楽しい” のが「渋谷ストリームエクセルホテル東急」。

首都圏に住んでいると、あまり「渋谷に泊まる」という機会はないかもしれませんが、ゲストルームは「クリエイターの住居」をイメージしていて、 泊まったらまたいつもとは違った「渋谷」が見えてくると思うんです。

ホテルにはいたるところに、「渋谷」のバックグラウンドを思わせるアートワークが置かれています。

 

海外に行ったときのほうが、客観的に日本の魅力に気づけるように、ここに泊まることで、きっとまた新しい渋谷の魅力に気づけるからフシギです。

終電を逃したワケでもない、旅行に来たワケでもない。そんな渋谷を味わうのも楽しいと思いますよ。

バス、シャワー、洗面台、すべてにゆとりがあるのが嬉しい
部屋にたたずむコイツ。じつはイカしたスピーカー「Aerobull」
自律走行のデリバリーロボット「relay」。ちょっと愛らしい
「おはよう、渋谷!」
→行ってみたい方はコチラ

宿泊フロアにある
「マイスタールーム」がおもしろい

客室階となる9〜13階には、各フロアのエレベーター前に「マイスタールーム」なるスペースがあるんです。

たとえば10階のコンセプトは「シューケア」で、靴磨きグッズやフットケアグッズが自由に使えるだけではなく、週に3日は靴磨き職人が常駐していて、無料でシューケアサービスを受けることができるんです。

長期滞在の方や、商談などビジネスユースで宿泊している方に人気というのも納得。

毎週火、水、木の13:00〜18:00には、無料で靴磨きのサービス
9階のマイスタールームのコンセプトは「アクティブ」
「フード」がコンセプトの13階には、バルミューダの家電などが用意

東急ホテルズがチャレンジする、泊まらなくても十分楽しいけど、泊まったらもっと楽しいホテル。

あなたも、渋谷の “新しい流れ” を感じてみては?

→詳しくはコチラ

渋谷ストリームエクセルホテル東急

住所:東京都渋谷区渋谷3-21-3
TEL:03-3406-1090

マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
ミレニアル世代に特化した宿泊体験ができる 渋谷にオープンした最先端のライフスタイルホテルThe Millennials Shibuya〒150-0041 ...
茶室がテーマの泊まれる部屋は全10室渋谷にあるホテル併設型アパレルショップhotel Koé tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7ht...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
たった1種類のパスタとワインで攻める究極の美食体験ができる渋谷のレストランOUT〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山103htt...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
スパイスやハーブで魚介類を贅沢に味わえる築41年の倉庫をリノベした渋谷の地中海ダイニングLAND Seafood〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目...
ここでしか味わえない渋谷最高峰の絶景地上230mから見渡せる展望施設がオープンSHIBUYA SKY〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目24-12h...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
ロンドンで定番のソルトビーフサンドを手軽に! 渋谷の街角にオープンしたカフェスタンド hello! from GOOD MEALS SHOP〒150-00...
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
NYで流行中! 代官山でワインを飲みながらアートを絵画を楽しめるバーArtbar Daikanyama〒150-0034 東京都渋谷区代官山町7-2htt...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...