バーチャルギャル「葵プリズム」をプロデュースするVIMの狙いとは?

バーチャルギャルとして知られる「葵プリズム」。彼女をプロデュースするのは、モデルエージェント「VIM」だ。

とは言っても、名前や人数などの具体的な情報は未公開……。「VIM」を運営するのは、株式会社yutoriのCEOである片石貴展さん。

「VIM」にはどんな人たちが協力しているの?葵プリズムをプロデュースする理由は?など、インタビューに答えてくれました。

「現実と虚構の境界線をバグらせたい」

©株式会社yutori

──まず、VIMというモデルエージェントをつくった理由を教えてください。

 

オッケーです。その前に個人的な話から始めますね。

僕は1993年生まれなんですけど、僕らの世代は先天的な要素にこだわりすぎているような気がします。確かに容姿や運動神経は自分の一部なんだけど、固執するとツラい……。

自分で選べない要素が多いから、人生は運ゲーだなと思っているんですよ。

 

──言われてみれば、親が金持ちとか、東京に生まれたとか、すべて偶然ですね。

 

そう。でも、そんな“たまたま”でしかない要素を理由にイジメられたりもして、僕は少なからずトラウマとして抱えている時期がありました。トラウマやコンプレックスにとらわれると、やりたいことを思うようにできなくなってしまうんですよね。

そこに新たな価値観を提示することで、自分を変えて人生を楽しむ道が見えてくると思うんです。

 

──聞きづらいんですけど、どんなイジメだったんですか?

 

僕は原宿が好きだったので、その周辺にある古着屋で洋服を買っていたんです。で、ボロボロの服を着ていたら、必要以上にバカにされたんですよ。

当時は何かを表現することはイタいって思われていたから、それの延長線上で僕が着ていたのは“イタい”洋服だったんでしょうね。

詩を書いている人が「ポエマー(笑)」という感じで笑われていたし。

洋服の話みたいなのが積み重なって、自己表現をする時の足かせになってしまったんです。

他の人の話を聞いてみると、同じような経験している人が多かった。そういう人って、自分で自分を冷笑しちゃう。変に客観的になるクセがあって、誰よりも先に自らの価値を下げるんです。

 

──そんな考え方や生き方を変えるのがVIMのやりたいこと?

 

そうそう。

あえて完璧ではないバーチャルのキャラクターの言葉を通じて、そういう人たちの自己実現の後押しをしたいと思ったんです。

そして、僕がアウトプットの方向性が合っているなと思った人たちに声をかけて、葵プリズムの考えていることやファッションに共感するクリエイターたちが集まりました。

 

──ちなみに人数は?

 

十数人って感じです。

 

──あ、そこは教えてくれないんですね(笑)。葵プリズムのプロデュースはどのようにやっているのですか?

 

数人のクリエイターが葵プリズムと意思疎通をしています。で、リアル世界に発信をしているんです。

世界観や発言は、基本的に彼女たちにお任せです。

──葵プリズムが伝えたいことはなんでしょう?

 

SNSで本人に聞くのが一番だと思います。InstagramやTwitterでコメントをしてみてください。

 

──片石さんやVIMからは何かあります?

 

本当に伝えたい想いは表に出すべきじゃないと思っていて。徐々に感じとってもらえれば、嬉しいですね。

 

──彼女をプロデュースすることにした理由は?

 

新時代のインフルエンサーには、みんなが言いにくいことを言う適正があるといいと思うんですよね。

言いたいことを言えるギャル、葵プリズムみたいな存在が必要なんです。自分らしく生きればいいのにくすぶっている人の頬をたたくみたいな(笑)。

 

──生きにくい世の中で希望の光となるのが葵プリズムなんですね。

 

彼女をInstagramでフォローすることで、今ツラいと思っている人が変わるきっかけになるんじゃないかなと思っています。

SNSは見た目や属性を捨てて、内なる自分をさらけ出すのにピッタリな場所だし、最初はなりきりでも、いろんな人たちに支持されていくうちに、それが本当の自分の個性になっていったりする。めっちゃ夢がありますよね。

 

──『レディ・プレイヤー1』みたいに?

 

そうですね。僕は仮想か現実かにとらわれる必要なんてないと思う。そんなに価値があるわけじゃないから。

とはいえ、VIMはバーチャルのなかでもリアリティを追求しているんですけどね。

 

──というと?

 

葵プリズム以外にもバーチャルモデルを今後プロデュースしていくんですけど、ちゃんと盛り上がっているコミュニティに刺さるように設計していきます。やっぱり架空で終わってしまうと、親近感が湧いてこない。

現実を深く理解して、虚構の世界に落とし込む。それだけでなく、虚構の存在が現実を変えるみたいなことを起こしたい。現実と虚構の境界線をバグらせたいんです。

 

──……バグらせる?

 

当たり前のことでも、違う角度から考えてみると異常だったりする。「こういう見方もあるんだよ」と提示すれば、虚構が現実になることもあるかもしれない。固定概念の外側にあるものにも注目させたい。

葵プリズムが人間に影響を与えるってのもバグってます。実際にバーチャルギャルが人の気持ちを変えられるなんて、今ならではの考えだと思うんですよね。

 

──バーチャルモデルの走りである「ミケーラ」は洋服を販売しています。

 

そんなことも葵プリズムでやりたいなと思っています。今の段階でも彼女が手がけるファッションブランドは需要があるはず。

「結局、バーチャルでしょ?」で終わらせたくない。彼女の真似をする人がたくさん出てくるような仕掛けをつくっていきたいです。

 

──リアルにも影響力を持つってこと?

 

そう。

今まではリアルなものがバーチャルになっていたけど、これから先はバーチャルなものがリアルになることもあります。だから、VIMは現実にもフォーカスしていて。

デモやストライキもいいかもしれないけど、今の時代ならSNS上で同じ効果のあるアクションを起こせる。VIMとして直接的に何かを表現するというより、葵プリズムという一個人からメッセージを発信しているように。

そして、今までの価値観を変えていきたいです。一緒に葵プリズムと働いてくれる人がいるなら、いつでもお待ちしています。

 

──そんなこと言ったら、仲間になりたい人はたくさんいると思いますよ(笑)。

 

いいですよ。今僕たちは仲間を募集しているので、興味があったら僕のTwitterにDMしちゃってください。

6月20日、19歳のバーチャルモデル「Daisy Paige(デイジー・ペイジ)」が多くのセレブやインフルエンサーが所属するモデルエージェンシーと契約しました。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...