あなたの知らない「日本のクリケット」

スポーツ観戦をひとつの編集テーマとしている自分にとって、サッカー、野球はすでに日常だ。気になるのは“NEXT”。東京五輪を機にエクストリームスポーツは観戦スポーツの新ジャンルになりそうだし、ラグビーに至ってはエンタメとしての可能性をすでに世に示している。

そんな中で、目に留まったニュースがある。

「クリケットU19日本代表 ワールドカップ初出場決定」

©2019 NEW STANDARD

6月、栃木県の「佐野市国際クリケット場」で開催されたU-19ワールドカップの東アジア太平洋予選。日本代表は見事頂点に立ち、来年に南アフリカで開催される本大会への出場権を獲得した。ワールドカップの出場はすべての世代において日本初の快挙だ。

歴史の扉をこじ開けたチームのエースが、高校一年生の高橋和雅。

史上最年少となる13歳にしてフル代表候補に選出された経歴を持つホープで、昨年の東アジアカップにおける15歳でのフル代表デビューも史上最年少記録となった。

今の時代にサッカーでも野球でもなく、なぜクリケットなのか?それは佐野に生まれたからこその運命だった——。

© 2019 NEW STANDARD

佐野から世界へ、世界からSANOへ

©2019 NEW STANDARD

高橋は言った。

「佐野に生まれていなかったらクリケットのことなんて知らなかったかもしれない。いい環境、いい人に出会えて本当によかった」

じつは今、佐野は「日本クリケットの聖地」になりつつある。

日本クリケット協会が本部を構え、昨年8月には国内で唯一国際規格を満たした「佐野市国際クリケット場」が開場。市内の小学校では体育にクリケットが導入されており、市内大会も頻繁に開催されている。

市はクリケットを「佐野ブランド」として認証し、「佐野市スポーツ立市推進基本計画」においても、地域の特徴的なスポーツとしてクリケットを位置づけるほどの力の入れようだ。

スローガンは「佐野から世界へ、世界からSANOへ」。

U19ワールドカップの予選を戦ったメンバーには、佐野市在住の高校生3人が名を連ねている。また、佐野市周辺に住むインドやパキスタン、バングラデシュなど、クリケット強豪国と呼ばれる国の人たちが佐野を訪れ、クリケットを楽しんでいる。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

高橋のように幼い頃からクリケットに打ち込んできたプレーヤーがいる一方で、異色の経歴でクリケットにたどり着いた者もいる。

山本武白志。2016年から3シーズン、横浜DeNAベイスターズに所属していた元プロ野球選手だ。

二十歳で戦力外通告を受け野球界を去り、縁もゆかりもない佐野に移住。半年間練習を重ね、現在はオーストラリアでビッグドリームをつかむべく奮闘を続けている。

© 2019 NEW STANDARD

山本は言った。

「有名な選手がひとり出るだけで、日本でのクリケットを取り巻く状況は大きく変わる。19歳以下の選手たちがワールドカップで勝つことで盛り上がる可能性も全然あると思います。自分も含めて、これからやっていく人たち次第です」

確かにそうだ。

今や大人気のサッカー日本代表だって、1998年のワールドカップ初出場を機に、右肩上がりの成長曲線をたどってきた。

ワールドカップに6大会連続で出場し、世界の強豪国と渡り合う。ついには、レアル・マドリードやFCバルセロナ所属の選手まで登場する。当時、このような状況を一体誰が予想できただろうか?わずか20年ほどの間に起こった出来事だ。

クリケットはサッカーに次いで世界第2位の競技人口を誇るメジャースポーツ。現時点では日本ではマイナースポーツと言わざるを得ないが、言い換えればその可能性は無限大ということになる。

来年のU-19ワールドカップを機に、日本のクリケットが飛躍を遂げ、いつの日かクリケットブームが巻き起こる——。

そうした未来は誰にも否定できない。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
史上最年少のクリケット日本代表、高橋和雅選手のインタビュー。
元横浜DeNAベイスターズ、現在はクリケット選手として奮闘する山本武白志選手にインタビューしました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
2020年4月、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪に誕生。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
スポーツメーカーから続々と発売された話題の「マスク」「フェイスカバー」をまとめて紹介します。アンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス、ニューバランス、アディダ...
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
スポーツ用品メーカー「ミズノ」と「中川政七商店」がコラボレーション。工芸品と縁起ものの力で、スポーツの未来にエールを送る!
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
本日3月9日より、eスポーツプレイヤー向けのウェルネス飲料「eスポーツ対策 BREAK OUT」が発売。ゲームに必要なコンディショニングアシスト成分を配合...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「出会えたよろこび」、「離れてしまったかなしみ」の中にいる人へ。