【沖縄旅行プレゼント!】昨日の自分より、好きになる。香川沙耶さんの「ヘアカラー」で遊ぶ沖縄旅

日常から抜け出して、自分を解放させられるのが旅のいいところ。旅先に合わせてファッションやメイクを考えるワクワクも醍醐味のひとつですよね。さらに旅を楽しむために、女性の約半数は旅支度として「ヘアカラー」をしています*。

ベストボディ・インターナショナルにも輝き、ヘルシーな美しさとSNSで見せるありのままの姿が人気のモデル・香川沙耶さんもそのひとり。

*ウエラオムニバス調査2019

沖縄をもっと満喫するために、
カラーテーマは「自然が似合う女性」

©2019 TABILABO

友人ジーナさんとのふたり旅に、自然大好きな香川さんが選んだのは沖縄。

旅行前にヘアサロン「ALBUM HARAJUKU」を訪れると、担当の桑原さんは「さやちゃんらしく自然が似合うカラーがいいね」と、小麦色の肌が綺麗に映えるアッシュベージュをベースに、エアタッチハイライトを施してくれました。繊細なハイライトは、風になびくシーンが多い沖縄にぴったり。ジーナさんは柔らかい大人ベージュのグラデーションカラーに。

©2019 TABILABO

使用したカラー剤は「ウエラ プロフェッショナル」の『コレストン パーフェクト +(以下KPプラス)』。圧倒的なツヤと、美しい発色が美容師の間で評判のサロン用カラー剤です。陽に当たることも多い旅行では、ツヤがより一層引き立ちます。

香川さんらしさが引き立つ艶やかなヘアカラーで向かった沖縄。「旅もヘアカラーも“私自身”を磨くため」と語る彼女の旅スタイルを伺いました。

旅のはじまりは、あえてゆっくり。
心を整えて「オフモード」にしてあげる。

©2019 TABILABO

まずはしっかりオフモードにするために、ホテルでゆっくり。「何も考えない時間」を意識的に作ります。心を整えて、自分を見つめ直す。だからホテルから出ないことも多い。プールがあって、自然のエネルギーを感じられるホテルを選びます。

今回ふたりが選んだのは、「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」。海を見下ろす2つのプールがあり、2017年には夕日が見える宿ランキング(楽天トラベル)で1位を獲得しています。

五感をフルに使って、文化・食・人に触れる
感性が磨かれていく時間

©2019 TABILABO

沖縄ならではの文化が色濃く残る港川外国人住宅街を散策。雑貨屋「Proots」には、作り手のストーリーや思いがわかる、オーナーこだわりの琉球土産が並びます。

旅先では自然はもちろん、文化や歴史、地元の人たちと触れ合って、いろんなことを見て感じたい。仕事上、感性の豊かさは大切だと思っていて、五感をフルに使って感性を磨いていく感じ。

©2019 TABILABO

市場やローカルな呑み屋街も好き。みんな気取っていなくて、よく笑ってよく飲んで、人間らしさで溢れてますよね。いろんなモノや匂いで溢れていて、いつも以上に視覚や嗅覚を使います。

旅をするのは、
自分を内側から綺麗にするため

©2019 TABILABO
©2019 TABILABO

自然は心を浄化させてくれます。別に何かを解決してくれるわけではないけれど、癒されたり、優しくなれたり、勇気が持てたり。

そんな大好きな自然の中で、今回のヘアカラーに施されたエアタッチハイライトは、風になびいたり、動きによっていろんな印象を見せてくれました。自然が似合う女性って感じで、お気に入りです。

©2019 TABILABO

美しい景色を見て、好きなものを食べて、「幸せだなぁ」って夕日を眺めているときに、自然と涙が出てきたりする。それが、綺麗になりました、浄化されましたって合図だと思っていて。

自分のために綺麗になることを大切にしたら、仕事も恋愛もうまくいく。旅をするのも髪を染めるのも、綺麗な写真を撮りたいとか、誰かに褒められたいという理由ではなくて、“私自身”をもっと磨くためなんです。

好きな場所で、好きなことを、伸び伸びとできる旅行だからこそ「自分が思うベストな姿」で行くことで、自分自身の気持ちが上がり、心の底から楽しめたり、美しくなれるのかもしれません。

#旅するヘアカラー
KPプラス体験付 沖縄旅行が当たる!

行き先や目的に自分らしさが表れる旅行に、自分らしい色をまとって、さらに旅行を楽しんでほしい。ふたりが旅行前に染めたサロン用カラー剤『KPプラス』はそんな思いを込め、この度「#旅するヘアカラー」というキャンペーンを実施。

第一弾として、KPプラス体験付 沖縄1泊2日の旅を抽選で1組2名様へプレゼント。アンケートに答えるだけで応募できます。あなたはどんなヘアカラーで、どんな旅をしますか。

詳しくはコチラ ▶︎
香川沙耶

女性誌「JELLY」「Oggi」の専属モデルを務め、多数のファッションショーに出演するモデル。驚異のスタイルで、ベストボディインターナショナルで優勝をするなど、世界1のボディの持ち主。

ジーナ

21歳。大学生。サロンモデルとして多数のサロンで活躍中。数々のヘアショーにも出演しており、9月には初の海外となる台湾でのヘアショーに参加予定。

桑原大貴

ALBUM HARAJUKU店長/トップスタイリスト
ハイライトやバレイヤージュの技術を独自進化させた「透け感のある柔らかいスタイル」はお洒落女子必見!業界誌やファッション雑誌でもヘアメイク等で活躍中。インスタグラムフォロワー数は約11.8万人を誇る。

ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...