1989年の野球映画『フィールド・オブ・ドリームス』が30年を経て現実に

8月7日にアメリカMLBが発表した2020年シーズンの公式戦の内容が、野球ファンを含めた多くの人の反響を呼んでいる。

その発表とは、1989年に公開された野球映画『Field of Dreams(フィールド・オブ・ドリームス)』の撮影が行われたアイオワ州ダイアーズビルの農場で試合を行うというもの。実際に撮影が行われたグラウンドのすぐ隣に、8000席を設けたボールパークを新たに建設するという。

2020年8月13日夜からニューヨーク・ヤンキースとシカゴ・ホワイトソックの間でおこなわれるこの3戦は、エキシビションマッチなどではなく、MLBのレギュラーシーズンの公式戦としてカウントされるとのこと。

俳優ケビン・コスナーが主演した『フィールド・オブ・ドリームス』は、30年も前の作品だが、現在でもTVで放送されるなど、アメリカ国民から親しまれ続ける野球映画だ。劇中の選手たちがトウモロコシ畑をかき分けて球場に現れる有名なシーンも再現される予定だ。

ファッションや音楽のシーンで80年代、90年代ブームが巻き起こったように、このMLBの取り組みをキッカケにしてスポーツシーンでもそんなムーブメントが起きるかもしれない。

© MLB
© MLB
© MLB
© MLB
Top image: © Charles Ommanney/The Washington Post via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地チェイス・フィールドで食べるべきグルメです。
コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで食べるべきグルメです。
シアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで売ってます。
ニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで食べるべきグルメです。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
爪や肌などの細部まで作り込まれていて、トロント・ブルージェイズで活躍するピッチャーであるBlake McFarlandさんは、アーティストでもあり、今にで...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
スタンダードこそいいものを。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。