この「携帯クズ入れ」は、ポケットに入れておきたい!

使用後のティッシュや汗拭きシート、ガムの包み紙など、外出しているときに出る“ちょっとしたゴミ屑”。近くにゴミ箱がないと、仕方なくバッグやパンツのポケットに入れるしかないが、なんか気が引ける……。

そんなゴミ屑を入れるのにピッタリなのが、「Fino Mão(フィーノ・マォン)」の「屑入れ」。ミニマルなデザインだが、なかなか収容力もありそうだ。

ポケットに入れて持ち運べば、いざというとき頼りになるのは容易に想像できる。日常の生活がほんの少しだけ楽になり、ちょっと心が明るくなる──こうしたプロダクトは、ありそうで“意外”とない。

内部に薄い紙が入れられるようになっていて、汚れなどが気になったら捨てる仕組み。はじめは紙が3枚入っているが、なくなったときは別売りのレフィルを補充しよう。2700円(税別)で、購入は公式ホームページから。

ちなみに、Mãoはポルトガル語で「手」の意。昔から人の手により、いくつもの工程を経てつくられて来た「モノ」。当たり前には存在していない、その「モノ」を大切にしてほしい。ブランドネームには、そんな想いが込められている。

©Fino Mão
©Fino Mão
©Fino Mão
©Fino Mão
Top image: © Fino Mão
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...