ジャケットにも合うカーゴパンツ

一般的にはカジュアルウェアとして親しまれているカーゴパンツだけど、「BACK NUMBER」のオランダ軍モデルは、ビジネスカジュアルにも合わせられるのがうれしい。

テーパードした細身のシルエット、素材はストレッチの効いたモールスキンはこのブランドならではの仕様。ゆえにジャケットとコーディネートしてもハードすぎることがありません!

一方で、オランダ軍のカーゴパンツの特徴であるナイフポケットを配するなど、本格的なディテールにこだわりアリっていうのもポイントです。

このシルエットと素材感!

©2019 NEW STANDARD

ナイフポケットもちゃんとあります。なにかを入れるってわけじゃないけど、ちょっとしたファッションの遊びとして。

©2019 NEW STANDARD

カーゴパンツのアイコンとも言えるサイドのポケット。このモデルはマチが小さいので、全体的にシンプルにまとまります。

©2019 NEW STANDARD

少し起毛するモールスキン。ブラックカラーとも合ってます。

©2019 NEW STANDARD

ヘビーローテーション間違いナシです!

©2019 NEW STANDARD
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
4月1日、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングが、家で過ごしている子どもや親に向けて、『Harry Potter at Home(ハリー...
〈hands on grip(ハンズオングリップ)〉の「Tracker(トラッカー)」というグローブです。一言で紹介するなら、フィールドとシティのちょうど...
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
これまでにない透け感を実現したミラーレースカーテン、その名も「外の景色がよく見える。UVカット・ミラーレースカーテン」が「ベルメゾン」より発売。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
「Timone(ティモーネ)」のパッカブルジャケット。カテゴリーはあくまでカジュアルですが、高めに設定されたゴージライン、本切羽、焼き水牛ボタン、センター...
「Poutnik(ポートニック)」のBLADE Jacketは、収納力を確保しながらもスッキリした印象です。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...