フィンランド発「Whim」が柏の葉から日本の「移動」を変える

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)……電車やバスなど、複数の交通手段を乗り継いで移動する際に、各事業者ごとにではなく、モビリティ全体をひとつのサービスとしてとらえ、利用・提供するという考え方。

このMaaSアプリの先駆者として知られるフィンランド発の「Whim(ウィム)」が2019年12月、千葉・柏の葉で実験的にサービスを始める。

サービスがスタートすると、アプリ上に市内のタクシー、バス、カーシェア、バイクシェアが目的地に応じて表示され、予約と支払いが一括でできるようになるという。電車などのほかの交通機関とも連携に向けての議論が続いているとのこと。

柏の葉一帯の開発を担っている三井不動産は、現地でスマートシティプロジェクトを推進している。Whimと連携し、「移動と暮らしをつなげて考えてまちづくりができる」と、今後の都市計画を“移動”の観点でデザインしていくそうだ。

Whimが注目を浴びて以降、日本では各事業者が箱根エリアや新百合ヶ丘エリア、広島東部エリアでMaaSのサービスの実証実験をするなど、活発な動きを見せている。来年には、日本が世界のMaas市場のリーダーになるかもしれない。その意味でも、柏の葉でのWhimの成果に注目度が高まる。

©Whim
Top image: © Whim
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事