友だちが部屋に来るたび「えっ…それ俺も欲しい」と言われるアイテム

めっきりテレビを見る機会が減って、スマホやパソコンで映画や海外ドラマを見ている時間のほうが長い、ここ最近。

そんな僕が一番気になっているものが「ホームプロジェクター」だ。

一度、友だちの家で “ホームプロジェクターのある生活” をまざまざと見せつけられて以来、もう気になって気になって仕方がない!

自分の家でも、あの大画面を味わいたい。
自分の家でも、友だちとスポーツ観戦してみたい。
自分の家でも、天井に写して寝転びながら映画を見たい。

部屋からテレビがなくなると
インテリアが超スッキリ

そもそも友だちの家は、部屋のレイアウトすべてがカッコ良かった。ポイントはなんだ? と思ったら、あるはずのアレがない。

そう。テレビという間取りの支配者がいなくなるだけで、レイアウトの自由度はグッと上がるし、部屋のなかの視界がこんなにもスッキリする。

そんな彼の生活の中心にあったのが、エプソンのホームプロジェクター「EF-100BATV/WATV」。

いろいろな部屋に持ち運べるくらい小型で、置き場所に困るなんてことはない。さらにインテリアの邪魔をしないどころか、むしろちょうどいいアクセントになるデザイン家電のような存在感もいい。

→さっそくチェック!

「テレビ中心」の生活より
メリハリができる!?

テレビ生活の怖いところは、良くも悪くも、なんとなくボーッと時間を過ごせてしまうところだ。目的なく電源をつけたとしても、ザッピングをするうちについ手が止まり、時間を奪われてしまう。

すっかり「ホームプロジェクター生活」が板についている彼は、こんなふうにライフスタイルの変化を教えてくれた。

・時間を決めて、映画やドラマを見るようになった
・スポーツやライブ映像は最後まで見たら終わり
・BGV的に使うときは、別のこと(家事、読書、仕事など)に集中するようになった

……なるほど。映画やスポーツのような “能動的” に見るものと、ミュージックビデオなどを大画面で流し “部屋の中の風景として使うシーン” とで、過ごし方にメリハリができる、ということらしい。

寝転びながら天井で映画鑑賞……
コレはいいぞ!

「これは固定のテレビでは実現できない!」という魅力のひとつが、天井への投写だ。

壁だけではなく、その日の気分や見たい作品によって部屋ごと変えたっていい。設置や配線の自由度が高いホームプロジェクターならではの醍醐味だし、エンタメ感も増す。

また、コンパクトさとは裏腹に高画質なのも嬉しい。

仕事から帰ったあと、お酒でも飲みつつベッドやソファで寝転んで見る映画は、きっと没入感も強めだ。

→詳しくはコチラ

今なら、川崎のホテルで体験できる!

ホームプロジェクターに興味はあれど、実際の部屋で写したときの画質や、自宅の壁に合うかどうか、音はどうか、接続は大丈夫なのか、など “なんとなくの懸念” が拭えない人も多いはず。

そんな方は、神奈川県の川崎市にオープンしたばかりのホテル「スラッシュ川崎」へ。

2019年12月5日〜3月上旬まで、ホームプロジェクターのダイナミックな映像が体験できる部屋が3つも用意されていて、それぞれ世界遺産ルーム、世界の夜景ルーム、世界の動物ルームなどにコンセプトが分かれているとのこと。なかなかレアな宿泊&視聴体験ができそうだ。

ちなみに、Instagramで「#寝ころ部」と検索すると、もっとたくさんの「ホームプロジェクターのある暮らし」が覗けるのでチェックしてみてほしい。

厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
性交痛を改善するために使う「OHNUT(オーナット)」。男性器の根本に付けることでサイズを調整し、クッションのような働きをしてくれるドーナツ型のリングです。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
4月9日、「Airbnb」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「体験」の新カテゴリ「オンライン体験」を提供開始すると発表した。
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
仕事が終わって、疲れた体を引きずって、辿り着いたは暗い部屋。一人暮らしはしてるけどただ寝るだけの部屋。「何の為に家賃を払っているのかわからない……」という...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...