ボーダレス!ジャンルレス!心を込めて踊ればOKの「にいがた総おどり祭」受付開始

今年で19回目の開催を迎えるダンスフェスティバル「2020にいがた総おどり祭」が参加エントリーの受付を開始した。

新潟の中心市街地10会場にて、今秋9月19日(土)から9月21日(月・祝)の三日間に渡って開催される同フェスティバルは、国内外から約250の団体と20万人以上の観客が集う日本最大級のオールジャンルのダンスの祭典。

このたび募集が始まった踊り子としての参加エントリーの唯一の条件、それは......「心を込めて踊ること」。それさえ満たせば、踊りのジャンル、年齢、国籍、参加人数などに制限なし。ボーダーレス、ジャンルレスに自由に踊りを表現していいのだという。

個性豊かで自由な踊りに溢れるこの祭り。応募締め切りは2020年5月31日だが、定員になり次第締切となっているので、参加を考えているなら早めの申し込みを。

残念ながら締め切りに間に合わなかった場合でも、当日の飛び入りからボランティアまでさまざまな参加方法があり、まさに踊りたい人には“ボーダーレス”なのがこの「2020にいがた総おどり祭」。興味があるなら公式サイトをチェックしてみてほしい。

 

※2020年4月28日追記/新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として開催は中止となりました。詳しくは下記ホームページをご確認ください。

『2020にいがた総おどり祭』
【日時】2020年9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)
【会場】新潟市内 全10会場
<参加エントリー>
【参加条件】「心を込めて踊ること」
【受付期間】~2020年5月31日(日)

© 新潟総踊り祭実行委員会
Top image: © 新潟総踊り祭実行委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事