血に染まった「人牛」たちの訴え

別名「牛追い」とも呼ばれている、スペインのサン・フェルミン祭は、負傷者や死者が出ることもあるなど、世界的にみても危険な祭りとして知られている。毎年7月7日の朝、一斉に猛牛たちが街に放たれ、参加者たちは追いかけたり、追いかけられたりしながら闘牛場へ向かい、辿り着いたら闘いが始まるというものだ。

スタートを2日後に控えた7月5日、開催地のパンプローナでは、約100人が血だらけのような格好をして集まっていた。あたり一面を赤く染め、攻撃的な角を付けて恨むようにこちらを見ている。そんな彼らの体には、こんな文字が。

「STOP BULL FIGHTS」

この赤が表しているものは、"牛の血"。祭りのラストに、牛は剣で刺され、観客の前で殺されてしまうのだ。

「いくら400年続く伝統といえど、動物を殺す様子を見せ物にしている」と、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)とAnimal Naturalisが反対し、過激なパフォーマンスを行ったというわけ。開催宣言の会場である、この広場で。

動物愛護団体からのこうした抗議は、年々増えているという。伝統を大事にしたい、楽しみたいという思いと、それが現代に適していないという主張。どちらの意見も汲み取って、折り合いをつけるというのは、なかなか難しそうだ。

Licensed material used with permission by PETA
他の記事を見る
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
「Poutnik(ポートニック)」のBLADE Jacketは、収納力を確保しながらもスッキリした印象です。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...