「新虎エリア」に現れた、落書きし放題の巨大な壁「フリーウォール」

新橋と虎ノ門をつなぐ“新虎エリア”に展開されている新たな遊び場「新虎ヴィレッジ」に、今月27日、巨大な「フリーウォール」が設置された。

「フリーウォール」とは、建物の壁などに、スプレーやフェルトペンを使って描かれるアートとしての落書き=グラフィティアート自由に表現できるキャンバス。高さ1.7m×横幅6mのコンクリートの壁で、好き放題、自由に絵を描くことができる。

設置場所である「新虎ヴィレッジ」は、「フォルクスワーゲン」“Play On!”をコンセプトに運営する注目のスポット。新虎エリアの空き地をカラフルなアートとオシャレな廃材でリメイクしたオープンなデザイン空間となっており、さまざまな人や団体がストリートアートを通じてつながる創造性のあふれた憩いの場だ。

自由に表現することが許されたこの場所で、“落書き”“現代的なアート”として広く認知され、新たな価値が生まれることに期待したい。

©新虎ヴィレッジ
©新虎ヴィレッジ

『新虎ヴィレッジ「フリーウォール」』
【期間】1/27(月)~2/29(土)
【時間】11:00〜17:30
【場所】東京都港区西新橋2-16-6
【料金】入場無料

Top image: © iStock.com/CasarsaGuru
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「東京ミッドタウン」に、秋空の下でくつろげる3つの新エリア「TOKYO MIDTOWN RETREAT GARDEN 2020」が誕生。11月8日までの期...
「USJ」の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業日が、2021年2月4日に決定。ここでは、その気になる中身の一部を紹介しよう。
「USJ」に「任天堂」のキャラクターとその世界をテーマにした、世界初となるエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年春に開業を決定。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...