「新虎エリア」に現れた、落書きし放題の巨大な壁「フリーウォール」

新橋と虎ノ門をつなぐ“新虎エリア”に展開されている新たな遊び場「新虎ヴィレッジ」に、今月27日、巨大な「フリーウォール」が設置された。

「フリーウォール」とは、建物の壁などに、スプレーやフェルトペンを使って描かれるアートとしての落書き=グラフィティアート自由に表現できるキャンバス。高さ1.7m×横幅6mのコンクリートの壁で、好き放題、自由に絵を描くことができる。

設置場所である「新虎ヴィレッジ」は、「フォルクスワーゲン」“Play On!”をコンセプトに運営する注目のスポット。新虎エリアの空き地をカラフルなアートとオシャレな廃材でリメイクしたオープンなデザイン空間となっており、さまざまな人や団体がストリートアートを通じてつながる創造性のあふれた憩いの場だ。

自由に表現することが許されたこの場所で、“落書き”“現代的なアート”として広く認知され、新たな価値が生まれることに期待したい。

©新虎ヴィレッジ
©新虎ヴィレッジ

『新虎ヴィレッジ「フリーウォール」』
【期間】1/27(月)~2/29(土)
【時間】11:00〜17:30
【場所】東京都港区西新橋2-16-6
【料金】入場無料

Top image: © iStock.com/CasarsaGuru
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
夢に出る虎の意味は、吉夢・凶夢、どちらの場合もあります。その姿から権威や威厳、ときには孤高の象徴とされてきた動物ですが、あなたが見た虎の様子をよく思い出し...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...