米国従業員の5人に1人が「給料」より求めているものとは......?

先日、アメリカ全土で「有給休暇」に関する調査がおこなわれた。

調査によると、アメリカ人の5人に1人は「給料を10%上げてもらうよりも、有給休暇を5日間追加してほしい」と回答したとのこと。

データでは、アメリカ人が取得できる有給休暇の支給日数は平均して14日。そのうち、実際の取得日数は10日間なのだとか。これは、有給取得率が低く国会などでもたびたび問題になっている、支給日数20日に対して取得日数10日という日本に迫る数字だ。

じつはアメリカには有給休暇を保証する法律はなく、4人に1人は有給の休暇や祝日を得られていないのだという。

また、若い世代や女性は有給休暇を申し出ることに強いストレスを感じている割合が高く、実際の取得率も低い傾向にあるという結果も。

どうやらワークライフバランスの問題はアメリカでも起きているようだ。しかし、給料よりも休暇が欲しいというのは、ウェルビーイングの観点から考えると、少し危ない状態といえるのかも……。

Top image: © iStock.com/siraanamwong
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
12月10日、有給休暇をテーマとしたイベント「有給浄化」が大阪の複合施設「なんばスカイオ」にて開催。使われなかった有給を供養することによって、日本人の有給...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
8月26日、米国「デルタ航空」は2020年度の客室乗務員として1000人あまりを採用すると発表。応募資格は、20年1月1日までに21歳以上で高卒以上の学歴...
「スターバックス」が米国の一部の店舗で「従業員の顔ピアスの着用」を認めるようだ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...