米国従業員の5人に1人が「給料」より求めているものとは......?

先日、アメリカ全土で「有給休暇」に関する調査がおこなわれた。

調査によると、アメリカ人の5人に1人は「給料を10%上げてもらうよりも、有給休暇を5日間追加してほしい」と回答したとのこと。

データでは、アメリカ人が取得できる有給休暇の支給日数は平均して14日。そのうち、実際の取得日数は10日間なのだとか。これは、有給取得率が低く国会などでもたびたび問題になっている、支給日数20日に対して取得日数10日という日本に迫る数字だ。

じつはアメリカには有給休暇を保証する法律はなく、4人に1人は有給の休暇や祝日を得られていないのだという。

また、若い世代や女性は有給休暇を申し出ることに強いストレスを感じている割合が高く、実際の取得率も低い傾向にあるという結果も。

どうやらワークライフバランスの問題はアメリカでも起きているようだ。しかし、給料よりも休暇が欲しいというのは、ウェルビーイングの観点から考えると、少し危ない状態といえるのかも……。

Top image: © iStock.com/siraanamwong
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
12月10日、有給休暇をテーマとしたイベント「有給浄化」が大阪の複合施設「なんばスカイオ」にて開催。使われなかった有給を供養することによって、日本人の有給...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
8月26日、米国「デルタ航空」は2020年度の客室乗務員として1000人あまりを採用すると発表。応募資格は、20年1月1日までに21歳以上で高卒以上の学歴...
「スターバックス」が米国の一部の店舗で「従業員の顔ピアスの着用」を認めるようだ。
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
ホテル「ハイアット」は瞑想アプリの「ヘッドスペース」とコラボレーションし、利用客と従業員に向けたマインドフルネスなサービスを提供する。仕事や旅行のスキマに...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
「Talent Smart」社の共同創設者、トラヴィス・ブラッドベリー博士は「ネットフリックス」社の文化を分析しています。同社は、社員が好きなだけ休暇をと...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...