核兵器や気候変動の脅威増大。世界の終わりを示す「終末時計」が過去最短の「残り100秒」に

「終末時計」の午前0時は「世界の終わり」を象徴的に示すものである。

今年1月、アメリカの科学誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』は、地球滅亡までの時間を表す終末時計の針を進め、午前0時までの残り時間を過去最短「100秒」と発表した。

同誌のレイチェル・ブロンソン社長によると、終末までの残り時間を判断する要因は主に、「核兵器」「気候変動」の脅威。世界は今、真の緊急事態に直面しており「誤りや遅れは一切許されない状況」と説明している。

終末時計の創設は1947年。毎年、同誌は“現在時刻”を決定しているが、以前の人類にとって最大の脅威は核戦争だった。2007年になって「気候変動」、そして近年では「人工知能(AI)」「遺伝子の編集」「サイバーの脅威」などが加わった。

過去4年間のうち、3年間は真夜中に近づいていたものの、北朝鮮の核兵器や気候変動の脅威にさらされた2019年には針は動かなかったという終末時計。しかし、昨年1年でこうした脅威が一層高まったことを受け、2020年に午前0時までの残り時間を過去最短にするという判断が下された。

残された時間がわずかと知らされた私たちが、今からできることとは、はたして......。

Licensed material used with permission by The Bulletin of Atomic Scientists
Top image: © iStock.com/Adyna
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
「本当に使いやすい保冷バッグとは?」を考えて開発された「U-seful(ユセフル)」。驚きの保冷性能、使い勝手をよくしてくれる工夫などの魅力が満載。現在「...
「FridaysForFuture」とロサンゼルスの広告制作会社「FF Los Angeles」がタッグを組み、強いメッセージ性のある観光ポスターを制作した。
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。
気候変動問題に取り組むスタートアップ企業としてクラッカーを生産する「Moonshot」。同社の創業者は、革新的な方法でたちまちユニコーン企業にまで上り詰め...
ミツバチの飼育をする養蜂の問屋として日本最古の歴史を持つ「株式会社秋田屋本店」が、養蜂を通して企業のSDGs活動をサポートする「企業養蜂」事業を今年2月よ...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
気候変動により、甚大な影響を被っているサンゴ礁。そんな美しいサンゴ礁を守るべく、オーストラリアのNPO団体がバイオバンクにて800種以上のサンゴを収集、保...
地球温暖化を研究する国際チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」が、2020年の世界中での二酸化炭素排出量が前年比で7%減となることを発表。...
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
これは、ICPP(国連気候変動に関する政府間パネル)が2014年にまとめた、第5次評価報告書で述べられている「氷河損失の最悪のシナリオ」とほぼ一致すること...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
ブルネイの熱帯雨林で発見された新種の貝が、スウェーデンの環境活動家「グレタ・トゥンベリ」氏にちなんで命名される。
「Kickstarter」で資金調達をおこない目標を大幅に達成したセンサーデバイス「PocketLab Air」。携帯とBluetoothで接続することで...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
12月21日、学術雑誌『Environmental Research Letters』にて、ひとつの論文が公開された。“動物性食品をとらないことは気候変動...
『華氏911』や『シッコ』などのドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーアがプロデューサーを務めたドキュメンタリー映画『Planet of the H...