核兵器や気候変動の脅威増大。世界の終わりを示す「終末時計」が過去最短の「残り100秒」に

「終末時計」の午前0時は「世界の終わり」を象徴的に示すものである。

今年1月、アメリカの科学誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』は、地球滅亡までの時間を表す終末時計の針を進め、午前0時までの残り時間を過去最短「100秒」と発表した。

同誌のレイチェル・ブロンソン社長によると、終末までの残り時間を判断する要因は主に、「核兵器」「気候変動」の脅威。世界は今、真の緊急事態に直面しており「誤りや遅れは一切許されない状況」と説明している。

終末時計の創設は1947年。毎年、同誌は“現在時刻”を決定しているが、以前の人類にとって最大の脅威は核戦争だった。2007年になって「気候変動」、そして近年では「人工知能(AI)」「遺伝子の編集」「サイバーの脅威」などが加わった。

過去4年間のうち、3年間は真夜中に近づいていたものの、北朝鮮の核兵器や気候変動の脅威にさらされた2019年には針は動かなかったという終末時計。しかし、昨年1年でこうした脅威が一層高まったことを受け、2020年に午前0時までの残り時間を過去最短にするという判断が下された。

残された時間がわずかと知らされた私たちが、今からできることとは、はたして......。

Licensed material used with permission by The Bulletin of Atomic Scientists
Top image: © iStock.com/Adyna
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事