汗ジミ問題を解決した「ジャケット用Tシャツ」

とくに夏場のジャケットスタイルで気になるのが汗。どんなに通気性のいいジャケットでも、どうしても汗をかく→汗ジミができる→ジャケットを脱げない→どんどん汗をかく。そんな悪循環へ……。

この「アンチソーキッド Tシャツ」(税込4,950円)は、ナノ・ユニバースが独自開発した素材を採用しており、そんな汗ジミ問題を解決。

汗ジミができないTシャツ

見ての通りです。

表地は汗を弾き、裏地は汗を吸い込むようになっているんです。

しかも、裏地が汗を吸い込んでも、表には見えません!

安心して、夏場でもジャケットを脱ぐことができます。

汗ジミができないTシャツ汗ジミができないTシャツ→気になる

生地はいい意味で機能性素材っぽくありません。上質な綿は、肌触りがよく、光沢もあり。

そして、ジャケットの中に着るというコーディネートを考えた時に重要なのが、シルエットです。

ベーシックなクルーネックポケットTシャツですが、ネックの詰まり具合や丈の長さまで、1枚で着ても、ジャケットをはじめとするインナーとしても、使い勝手の良さを考え抜かれています。

そして、もう1点。

他のモデルと違って、パープルという色がラインナップされているのも注目です。

汗ジミができないTシャツ

ジャケットとTシャツというコーディネートのなかでも、会食や二次会のようなハレの場ならこういう色もアリでは?

洒落てます!

→詳しくはコチラ

関連する記事

クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
「ナノ・ユニバース」が自然環境に配慮した新レーベル「Meaningful Continuity(ミーニングフル コンティーニュイティ)」をスタートさせた。
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「GRAnaRECジャケット」。
「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...