協調性がある人の特徴と長所短所、改善方法を解説!

協調性があることは現代社会において、大きな武器となります。そこで本記事では協調性がない人が意識を改善するための方法をまとめています。また、協調性がある人の短所についても解説しているので、協調性が十分あると感じてる方もぜひ参考にしてください。

協調性とは

協調性の定義はさまざまなため、間違った解釈をしている人も多いようです。協調性とは、利害や立場の異なる人と譲り合って、協力することができる能力のことです。

協調性のある人は、周りの意見を鋭く察知することができ、自分とは考え方が異なる人とも上手にコミュニケーションを取りながらも協力して何かを遂行することができます。

イエスマンとはニュアンスが違う

協調性のある人は、周りに合わせることができるため、誰の言うことにも従うイエスマンが、協調性がある人だと思っている方も少なくありません。しかし、イエスマンと協調性のある人とはまったく別物です。

イエスマンは、自分の考えを捨てて多数派の意見に従う人のことなのに対し、協調性のある人は周りの意見にも合わせながらも自分の意見はしっかりと持っています。イエスマンと協調性のある人とでは、「自分の考えを持っている」と「自分の意見がない」という点で大きな違いがあります。

協調性を言い換えると?

協調性の本来の意味は、協調性を別の言葉に言い換えると分かりやすくなります。協調性は、

  • 周囲と調和できる性質

  • 集団の中での協力・助け合いができる能力

などの意味合いの言葉に言い換えることができます。

また、協調性に似た言葉に「協同性」や「協力性」などがありますが、協同性は、個人や団体と心や力を合わせて同じ目的・利益のために行動できる能力です。一方で、協力性は、異なる環境や立場の人たちと助け合って同じ目標にむかって任務を遂行する能力です。このように、協調性と協同性・協力性には似た部分もありますが、若干ニュアンスが異なります。

協調性がある人の6つの長所

協調性がある人の特徴

協調性がある人の長所と思われることを6つ紹介します。

1.社交的で周囲の人間関係を良好にできる

誰とでもすぐに打ち解けることができるのが協調性のある人です。協調性やある人は、初対面の人であっても、すぐに協力し合って何かを成し遂げることができる社交性のある方が多いので、常に周囲との人間関係も良好に保つこともできるでしょう。

2.いつも笑顔で心に余裕がある

協調性がある方が、細かいことを気にせずに受け入れることができるのは、心に余裕があるからです。心に余裕がないと、どうしても自分のことだけに目がいってしまい、視野が狭くなってしまいがちです。自分と違う考えであっても、その人の考え方を理解できるのは、協調性がある方の心に余裕があるからといえるでしょう。

3.洞察力が高く人の感情に敏感

協調性のある人は周りの空気を読むことに長けています。それは、協調性のある人が、洞察力が高く人の感情の動きを敏感に察知できるからです。

4.個人よりもチームワークを重視する

協調性は「集団の中での協力・助け合いができる能力」と言い換えることができます。そのため、協調性がある人には、個人よりもチームワークを重視する方が多いです。周囲の人間関係や、他人の状況や環境などを細かく知っていて、集団をまとめるために、全体の状況を常に把握しています。

5.説明が上手い

協調性がある人は、他人の意見をしっかり聞いて把握できる聞き上手です。聞き上手であるため、どう言えば相手に伝わるのかを瞬時に判断することができます。そのため、相手にわかりやすく簡潔に説明することができる説明上手の方も多いです。

6.不満や悪口を言わない

「周囲と調和できる性質」とも言い換えることができる協調性。周囲に不満や悪口を言うと、全体のまとまりがなくなってしまうことが分かっていますから、あまり周囲に不満や悪口を言わないなも協調性のある人の特徴です。

協調性がある人の4つの短所

協調性がある人の短所

協調性がある人の長所は、場合によっては短所となってしまうことがあります。ある意味では長所とも言えるけど、短所にもなってしまうことを4つ紹介します。

1.周りの影響を受けやすい

「周囲と調和できる性質」である協調性は、周りの影響を受けやすいということでもあります。そのため、協調性がある人には感化されやすく、すぐに周囲の影響を受けてしまう方が少なくありません。

2.本音をあまり言わない

協調性のある人は、周りの意見を尊重するあまり、自分からはあまり積極的に発言しないところがあります。人に合わせるということを大切にしているからではありますが、協調性のある人が自己主張しないことで、あまり本音を言わない人と捉えらてしまうことがあります。

3.基本的に受け身

協調性がある人は全体的な能力が高いにも関わらず、全体の雰囲気を大事にするあまり、その力を自分からは出さず、基本的に受け身であることが多く、自分から積極的に行動することを苦手としています。そのため、相手に「この人受け身だな」という印象を与えてしまい、自分の意見がないような人ややる気がない人だと思われてしまうことがあります。

4.八方美人に見られることも

協調性がある人は、集団に属するメンバー全員の意見を尊重して行動しますが、それが誰にでもよい顔をする八方美人だと思われてしまうことも少なくありません。

社会的に協調性のある人は大切にされる

社会的に協調性のある人は大切にされる

メリットだけでなくデメリットとなる部分もある協調性ですが、社会的に協調性のある人は大切にされる傾向にあります。

ビジネスマンとしての武器になる

ビジネスマン、特に営業職では協調性があることは大きな武器となります。営業職は社内だけでなく、多くの社外の人とも接し、時には社内外の方と考えや利害で対立することがあります。しかし、そうした際に協調性があることで、考えや利害で対立している相手であっても円滑な信頼関係を築くことができます。

また、他者との関わりが多い接客・販売業も、協調性あることが重視される仕事です。たくさんのお客さんと接する仕事だと言うこともありますが、接客・販売業は多くの場合チームで働くことが多いので、異なる考えの人とも積極的にコミュニケーションをとることができる協調性がある人は高く評価される傾向があります。

異性からみても魅力的なポイント

協調性は異性からみても魅力的なポイントとなります。協調性がある人は周囲との信頼関係を築くために努力し、自分の意見をしっかり持ちながも、相手の意見も尊重し、お互いの意見のすり合わせをしてくれます。

これは仕事だけでなく、異性との関係でも同じで、ただ相手の人の言いなりになるのではなく、異性が今何を考えているのか、何を求めているのかといったことに気を配ることができます。そのため、協調性がある人は異性から魅力的な人物であると思われていることが多いです。

友人として一緒にいやすい

協調性がある人物は、相手を思いやることができます。そうした人物は、異性からだけでなく同性からも好かれます。協調性がある人は、 友人として一緒にいやすいという意見が多いです。

協調性を持つ・高めるためにすべき5つのこと

協調性の高め方、磨き方

協調性を持つため、すでに身についている協調性をさらに高める方法を紹介します。

【1】人に興味を持つ

協調性がある人と協調性がない人とを比べると、協調性がない人は他の人への興味が薄く、人と関わることにも苦手意識を持っていることが多いです。協調性を持つために重要なのは、自分にではなく他人に目を向け、他の人とできるだけ積極的なコミュニケーションを取ることです。そのためには、まず人に興味を持つことから始めてみましょう。

【2】積極的に人付き合いに参加する

人に興味を持つよう努力しても、他の人と積極的にコミュニケーションを取るためには、他者とコミュニケーションを取れる場に出る必要があります。もし、これまで友人や職場での付き合いの場にあまり参加していないのなら、そうした場に積極的に参加するようにしてみましょう。

【3】頭から否定せず、最後まで話を聞く

他者とコミュニケーションでは、否定からではなく、肯定から入るようにすることが大事です。協調性は周囲と調和できる性質です。相手の意見に納得できない部分があっても、それを頭から否定するのではなく、そうした考え方もあると思うようにしましょう。また、最後まで相手の話しを聞くようにすることも大事です。

意見がある場合でも、相手が話している途中で遮るのではなく、まず話しを全部聞いてから、自分の意見を言うようにしましょう。

【4】ささいなことでも相手を褒める

ささいなことでも相手を褒める癖をつけることで、相手のよい部分が見えてくるようになります。よい部分が見えるということは、その人を認めるということに繋がりますので、結果的にその人に合わせるという意味で、協調性を高めやすいといえます。

【5】人の悪口や批判を言わない

協調性のある人になるためにもっとも大事なのは、人の悪口や批判を言わないようにすることです。協調性のある人は全体の雰囲気を非常に大事にします。悪口や批判を口に出してしまうと、全体のまとまりがなくなってしまいます。相手の行動や考えに納得できない部分があったとしても、それを悪口や批判という形にしてはいけません。

これを言ったら相手はどう思うかなと考えて、行動することが、協調性を身につけるためには大切になります。ただし、協調性がある人は自分の意見はしっかりと持っていますから、相手の行動や考えに納得できない部分は自分の一つの意見として相手に伝えるようにしましょう。

All photo by ©iStock.com/All Royalty-Free licenses include global use rights.
「頑固な人=付き合いにくい」という悪いイメージがありますが、一概にそうとは言えません。時に長所にもなり、職人や料理人など良い意味で頑固な人もいます。大切な...
自分だけでなく、周りを見渡すととても几帳面な人とそうでない人の違いが、はっきりする場合があります。何事にも気を使うといい面が目立つことも多いのですが、実際...
A型女性に共通する性格と、よくありがちな特徴について、主な12項目を列記しています。A型女性の長所や短所をしっかりと理解したうえで、スムーズな人間関係を築...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
血液型によって性格や特徴が違う、あるいは関係ない。いろんな意見がありますが、ここでは長所短所を含めて、一般的によく言われるO型女性の性格や特徴をまとめてご...
自分の思ったことをなかなか言えない内向的な性格。内気な性格の方の中には、自分の意見をまっすぐに言える人のことをうらやましく思ったことがある方も少なくないで...
しっかり者で真面目なイメージの長女に比べ、次女の特徴とは? 姉がいることで、何か性格に影響はあるのでしょうか。ここでは、よく見られる性格の特徴をいくつか挙...
B型男子の性格や、よくありがちな特徴について、まとめてご紹介していきましょう。各項目をチェックすることで、周りにいるB型男子との対処方法に迷ったときには、...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
本記事ではネガティブな印象を持たれがちな「内向的」の正しい意味を説明し、内向的な人の日常生活や恋愛視点で強み・弱みを分析します。記事後半では 内向的な自分...
傲慢な人との付き合いは周りが大変。それが家族や上司といった身近な人の場合、距離を置くこともできません。そこで今回は傲慢な人と上手に付き合う方法をご紹介。傲...
謙虚な人は好印象ですよね。この記事では謙虚な人の特徴と見習うべきポイントを解説しています。なぜ謙虚な人が好かれるのか。その理由や悪印象を持たれないために気...
診断モノって、当たっていてもいなくても、ついつい見ちゃうんですよね。友だちと一緒に「たしかに!」なんて話すのも、楽しかったり。今回は「Little Thi...
同じ男でも、次男と長男では異なった性格があるもの。 親の育て方も第一子と第二子とでは違いますから、性格の特徴もまた違ってくるようです。厳格に育てられること...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
星座が暗示する、あなたの長所と短所。「そんなの当たるわけない!」と思いつつも、読んでみると意外に当たっていることも多いですよね。では、この記事はどうでしょ...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
円滑な人間関係が築けるだけでなく、ビジネスにおいても重要な柔軟性。就活でもキーワードとなります。この記事では柔軟性がある人とない人の特徴だけでなく、日常生...
それは絶対ではありませんが、たしかに世の中には、長男らしさ、長男ならではの性格の特徴というのがあります。優しさとおせっかい、リーダーシップと頑固さなど、長...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...