The Beatlesの『Yellow Submarine』を僧侶が歌うと……

不安定なムードが蔓延するwithコロナ時代を生き抜く必須スキルといっても過言ではないメンタルコントロール

そのプロ中のプロである僧侶が公開した1本の動画に、国内外から大きな注目が集まっている。

木魚と鐘を前に披露するのは、読経……ではなく独唱。

しかも、選んだ楽曲はThe Beatlesの『Yellow Submarine』

ジョン・レノンの公式Facebookアカウントでシェアされて話題となり、「まるで聖歌のように神聖だ」など称賛の声が世界中から続々と寄せられている。

日本人にとってはなかなか異様な光景だが、その世界観に第一声から惹き込まれてしまうのは間違いない。

歌い終わったラスト2分ほど、僧侶は微動だにしなくなる。黙念の時間だ。でも、離脱してしまわずに最後まで見届けてほしい。なんなら一緒に黙念しよう

こうやって現実離れするのも、メンタルコントロールのひとつの方法ではないだろうか。

ちなみに、彼の名前はKossan(本名は山田和孝)といい、ほかにもTeenage Lobotomyの『RAMONES』やTHE BLUE HEARTSの『リンダリンダ』を発表している。すべてYouTubeで視聴可能だ。

© Kossan1108/YouTube
Top image: © SAND555UG/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
19世紀初頭より英国を中心とした港街において、船乗りたちの労働歌として歌われてきた「シーシャンティ」と呼ばれる楽曲群。一部のマニアを除き長い間日の目を見る...
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「U.S.A. Songs Map」は、アメリカの各州や都市にゆかりのある歌のタイトルが記されている地図。その数1000曲以上。あまり聞いたことのない地名...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...