英プレミアリーグでバーチャル観客音声を「EA SPORTS」が作成!?

新型コロナウイルスによる影響で一時開催を中断していたイングランドのプレミアリーグ。6月17日から無観客で試合が再開されるようだが、臨場感を出すための演出として仮想観客音声を作成していることを発表。

そのパートナーに選ばれたのは、なんと人気ゲーム「FIFAシリーズ」を製作する「EA SPORTS」だ。

すでにリーグを再開しているところはあるものの、無観客での試合は、スタジアムにボールを蹴る音選手の声、そしてホイッスルの音だけが響きわたり、盛り上がりにはやや欠ける......。

そこで、これまでリアルな観客の音声を追求してきた“ゲームの音”を利用して、試合を盛り上げる工夫を施すようだ。

また、デンマークでは、スタンド脇に大きなモニターを並べて「Zoom」でファンの映像を映し出し、リアルタイムで応援できる試合などもおこなわれているようだ。

現場で応援できるのはまだ先かもしれないが、多くの人の心を元気づけてくれるスポーツ観戦。日本のリーグにも取り入れて、ぜひ画面越しでも盛り上がるような配信をおこなってほしい。

Top image: © iStock.com/nico_blue
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

新型コロナウイルスの影響によって無観客試合が続くMLBだが、スポーツ専門チャンネル「FOXスポーツ」は、今シーズンのMLBの試合でバーチャル観客を表示させ...
イングランド、プレミア・リーグといえば、マンチェスター・シティー、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシー、そしてアーセナルとトッテナムしか...
フィンランドのアイスホッケーリーグ「SMリーガ」は、新型コロナウイルスの影響を受けて、ビデオゲーム「NHL 20」を使用してプレイオフを開催すること決定。...
LA発のスタートアップ企業「PlayVS」は、同ゲームを製作する「Epic Games」と「全米州立高校協会」と手を組み、高校生と大学生を対象とした公式リ...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
8月28日、PCオンラインゲームを運営する「Riot Games」が「リーグ・オブ・レジェンド」(以下、LoL)のキャラクターで構成されるバーチャルポップ...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...