1時間に「20秒」の運動が、中性脂肪を「3割」減らす!【研究結果】

リモートワークで長時間椅子に座り続けている人に朗報だ。

「テキサス大学オースティン校」のスポーツ科学者たちが発表した研究によると、1時間ごとにわずか4秒の運動を5セット、計20秒の運動が長時間の着席の影響の一部を打ち消すことがわかった。

実験方法としては、8人の若い健康的な被験者に1日目は8時間座り続けてもらい、2日目も8時間座る作業をしたが1時間毎に4秒間全力でエアロバイクを漕ぐ運動を5セット(計20秒)をおこなってもらった。

すると、翌日の血中の中性脂肪が座りっぱなしより31%も減少したという。

この結果を受け、実験をおこなった研究者たちは「1日たったの160秒の運動でここまで脂肪代謝をよくしてくれるとしたら、劇的に健康に寄与する運動最低量のラインは何秒であるのか、また新たな疑問が生まれた」と語った。

Top image: © iStock.com/staticnak1983
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
赤ワインを飲むだけで運動効果がアップ!?そんな記事が2015年12月11日「KLFY News」に掲載されました。どうやら2011年に発表されたアルバータ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
正月太りを解消してくれそうなヒントが、カナダの複数の大学研究員による共同研究に隠されていた。
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
1週間に1時間の運動をすることで、うつ病になるリスクは12%も下がるそうです。3万3千人以上のデータから導き出された結果は、「運動強度」にもふれています。...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
仕事が忙しく、運動する時間はなかなか取れない。でも、美味しいものはどんどん食べてしまう。その結果、お腹はもちろん、背中の脂肪がなんだかマズイことに…。今回...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
ダイエットをしたとき、燃やした脂肪はどこに行っているのだろう?実は、呼吸で一緒に吐き出されているのだ!これまで、脂肪は熱とエネルギーになって消えてしまうと...
「Ruawalk」は、脂肪燃焼などの目的に合わせて、歩くペースを調節してくれるデバイス。ときに「もっと速く!」などと声をかけてくれるそうです。