みんな!化粧水の使い方、間違ってるかも!?

化粧水を使うときの「どっちだっけ」論争。今日その1つに終止符が打たれるかもしれません。

少量 or たっぷり。

調べれば調べるほど諸説あるし、いったいどっちが正解なんだろう?

(N=10)

まず、とあるメーカーが実施したこの調査グラフを見てほしいんです。少量(1ml)よりもその5倍にあたる “じゃぶじゃぶ(5ml)” 使用したほうが約10%も肌の保水力をキープできることが判明。

これまでなんとなく「つけすぎはNG」だと思ってた人、多いんじゃないでしょうか。

でもこの調査グラフを見るかぎりでは、1時間経ってもしっかり潤いをキープ。

あれ……もしかしたら今まで「使わなすぎ」だったのかも。

というわけで、出ました!
「ルルルン」のおっきい化粧水

そう、先ほどのグラフは、フェイスマスク界の革命児「ルルルン」がおこなった調査だったんです。

これまでもずっと肌の潤いと真剣に向き合ってきた「ルルルン」が新たに提案するのが、化粧水。しかも500mlという破格のビッグサイズ。

すべては、みんなにたっぷり使ってもらうために。

この大きさには、そんな想いが込められているんです。

→今すぐ欲しい!
(N=10)

そしてやっぱり、ボトルが大きいと気持ちも大きくなるものなのでしょうか。もうひとつ調査をご紹介します。200mlと500mlの化粧水ボトルでは約3〜5倍も使う量が変わるそうなんです。

確かに分かります。小さいとつい1回あたりの使用量を遠慮しがちですが、ボトルが大きければ遠慮なくたっぷり手に取りたくなってしまうもの。

でもこの “たっぷり” こそが、ごきげんなお肌を作るための大事なポイントなんです!

いつもの2倍!
「じゃぶじゃぶ使う」が正解

ルルルンの化粧水は、少なくとも500円玉くらいたっぷり使うのが正解です。と言ってもあまりピンとこないと思うので「体感、いつもの2倍」でOK。

「あびるようにじゃぶじゃぶ」使いましょう。

ただし、肌に馴染ませるときはやさしく、がポイント。

2〜3回重ね付けしたあと、手のひらで包み込むようにあたためるとさらに保湿効果が期待できちゃいます。

大容量ってことは……
そのままボディケアにも使える!

今回、ルルルンがこの化粧水を通して本気で向き合ったのは、多くの人が抜け出せない「乾燥肌スパイラル」なんだそう。顔はもちろん、全身の乾燥に悩んでる人って多いと思うんですよね。

そんなときも、500mlのビッグサイズだからこそ、デコルテや首、背中、ひじ、ひざまで全身にたっぷり使えます。肌がつっぱりがちなお風呂上がりや日焼けあとにも、思い切って使えるのが嬉しい〜。

さらにすごいのが、そのまま髪に使ってもOKだということ! ヘアケアにも効果がある成分も配合しているので、なんと朝の寝ぐせ直しにも使えちゃいます。髪を柔らかくする感じでセットもしやすくなりますよ。これは意外と男性にも喜ばれるポイント。

2種類あるけど…
どっちにする?

「ルルルン ローション」には、シリーズを通して「シャクヤク花エキス」が含まれていて、そのビタミンDの力が肌の土台を強くしてくれます。

これからはじゃぶじゃぶ使ってバリア機能を高めて、乾燥知らずのうるおい肌を手に入れましょう!

しっとり派は「ルルルン ローション モイスト」を。
さっぱり派は「ルルルン ローション クリア」を。

レッツ、じゃぶじゃぶ!

→詳しくはコチラ
ルルルンに関する記事もチェック!

関連する記事

遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
株式会社GrowthAgentは、新スキンケアブランドである「PARANINA(パラニーニャ)」を発表した。そんな「PARANINA」のなかから、「リラク...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
「株式会社 悟空のきもちTHE LABO」は、昨年10月に花びらに吹きかけ長持ちを助ける「園芸用花びら液」を発売。成分そのままに化粧品登録をおこない、化粧...
くず餅の製造過程に着目して作られた「BIOGENICS ESSENCE 乳酸菌発酵化粧水」が、応援購入サービス「Makuake」で先行販売中。手がけるのは...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
ホットヨガスタジオ「LAVA」とスキンケアブランド「Kiehl's(キールズ)」が初コラボ!今月17日から新発想の「ヨガ×スキンケア」動画を公開中。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
韓国のスキンケアブランド「Huxley(ハクスリー)」が、1月13日(水)〜1月19日(火)、「伊勢丹 新宿店」にて初のポップアップを開催する。まだ国内で...
「ファンケル」から保湿効果のある肌着やマスクの新シリーズ「着るモイスチャライザー」が、10月20よりオンラインストアにて発売される。
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
2021年4月12日より、「オルビス」のパーソナライズスキンケアサービス「cocktail graphy(カクテルグラフィー)」がスタート。「cockta...
7月10日、「Stündenglass」という企業が、重力を利用して煙を吸い込めるように設計した水パイプ「Gravity Hookah」の販売をはじめた。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
Instagramでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきています...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
ごく普通の生活を送っていたAsh Soto(21)さんの細い首筋に、異変が現れたのは12歳の時。明らかに自分の肌の色よりも薄い斑点がそこにありました。