「1日約30秒でOK!」スマホを長時間みている人へ

リモートワークによって、結果的にパソコンやスマホの使用時間が増えたという人も多いと思います。

どれぐらい増えているのか、統計など探してみたんですが、目ぼしいものはありませんでした。まだそういった調査はこれからなんでしょうね。

ただ、自分の周囲でも「1日中パソコンの前にいるので目が疲れてきた」あるいは「肩こりや腰痛が……」なんていう声をよく聞きます。それにともなって、給付金でデスクやチェアを購入した、ブルーライトカットの眼鏡をするようになった、散歩やストレッチを意識して行っているなどの対応策がよく話題にのぼるようになりました。

この記事では、そんなパソコン・スマホ疲れへの対応策のひとつを紹介したいと思います。

1日約30秒でできるヘルスケア「サプリメント」

「えっサプリメント?」

と思う人もいるかもしれません。日本ではサプリメントというと、美容やダイエットのイメージがまだまだ強いのですが、サプリ先進国のアメリカではスポーツサプリメントやビジネスサプリメントが定着しています。普段の食事だけではなかなか摂取できない栄養素をサプリメントで補うことで、ヘルスケアやメンタルケアを行っているんですね。

実際、ランニングやスポーツクラブに定期的に通ったりするよりも、サプリメントは簡単なヘルスケアと言えます。なんせ飲むだけですからね。1日せいぜい30秒ぐらいで済みます。

栄養学のスペシャリストと国内工場が一体となって製造している「Tune」

さて、近年はECでアメリカのサプリメントを購入することもできるし、日本でもさまざまな種類が発売されています。だけど、ことリモートワークでのパソコン・スマホ疲れに対処するなら、オススメしたいのが「Tune(チューン)」というサプリメントです。

「Tune」は、ビジネスパーソン向けのサプリメントとして、2019年にローンチした日本ブランド。大きな特徴としては3つです。

①推奨量ではなく、必要量の栄養素を配合
一般的にサプリメントでは厚生労働省が定義する推奨量を目安に栄養素を配合していますが、「Tune」のコアサプリメントはそれを超える必要量を配合しているそうです。

②開発体制
栄養学のスペシャリストと国内工場が一体となって開発。OEMのサプリメントではなく、オリジナルで高品質なサプリメントを目指しているとか。

③サポートサービスが豊富
購入後も、最適なサプリメントの選び方や効果的な飲み方(いつ飲むのがベスト!など)を相談できるようになっています。このあたり国内ブランドならではですね。

 

さて、そんな「Tune」には7種類のサプリメントがラインナップされていますが、ここで注目したいのが、その名も「Smartphone」というサプリメントです。

配合されているのは、ブルーベリーよりもアントシアニンがたくさん含まれているヨーロッパ産のビルベリーなどの厳選された栄養素。オンライン作業による疲れを感じている人にターゲットを絞ったサプリメントとなっています。

 

→詳しくはコチラ

人気の「Think」と「Sleep」にも注目

この記事ではリモートワークでの疲れという観点から「Smartphone」を紹介しましたが、他に「Tune」ブランドで人気の高いのが、集中して考えることに取り組みたい時に飲む「Think」や心地よい眠りと目覚めのための「Sleep」。

Tuneは定額制サービスになっており、毎月3種類(ただし、ベースの1種類は固定)のサプリメントが届くシステムなので、「Smartphone」と一緒に「Think」や「Sleep」も試してみたい!

 

→詳しくはコチラ

関連する記事

「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
米「テキサス大学オースティン校」のスポーツ科学者たちが発表した研究によると、1時間ごとにわずか4秒の運動を5セット、計20秒の運動が長時間の着席の影響の一...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
12月4日、東京・神楽坂に日本初となる完全個室のフィンランド式サウナ「ソロサウナtune」がオープン。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
もしも「ハーマン・カードン」が「スマホ」を作ったら、どのようなルックスになるのだろう? デザイナーJames Tsai氏は、そんな疑問をもとに自らプロトタ...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
人は1日13時間以上画面を眺めているとか。それは1年で4,866時間、62年の成人人生では衝撃の301,733時間=34年間。つまり人生の半分以上の時間を...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
2021年9月の「デジタル庁」創設に先立ち、1月4日(火)より民間人材の募集が開始。兼業やテレワークなどを認める非常勤の国家公務員として、総勢約30人を採...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。