読み終えたあと「ポイントで株」を始めずにはいられない5つの理由

これまでの人生で「タイミングが来たら始めよう」と思っては何度も挫折してきた、株。

なんなんだ “タイミング” って……自分でもツッコミを入れたいくらい中途半端な気持ちだったけど、ついに一歩踏み出せるかもと本気で思ったのが「日興フロッギー

なぜなら、もともと持ってた「dポイント」が、そのまま株の購入に使えるから! しかも通常ポイントだけじゃなく、期間・用途限定ポイントも使えるらしい(いつもコレ、無駄にしてきたんだよな……)。

会社の先輩も「株が分かってるとビジネスにも活かせるよ」って言ってたし、さっそく思いきって口座開設!

01.
そもそも「日興フロッギー」の記事が
おもしろい!

「え……株を買ってみた感想じゃないのかよ」って思うかもしれないけど、僕が一歩踏み出せたのは、日興フロッギーの記事とその仕組みがめちゃくちゃおもしろかったから。

気軽に読めるのにタメになる記事がたくさんあって、一気に「株」が身近な存在に。「仮面投資女子の実態調査」やマンガ調のライトなものもあれば、読みごたえのある著名人のインタビュー記事もある。

最初は「株の勉強しなきゃ!」って肩ヒジ張ってたけど、日興フロッギーならゲームを攻略サイトや掲示板を見ながら進めているような感覚があって、堅苦しい感じが全然しない。

→今すぐチェック

02.
「dポイント」のサービスが
たくさん!

日興フロッギーなら、対象の記事を読むだけでdポイントがもらえたり、キャンペーンも頻繁に実施されているので、お得にポイントを貯められるのもうれしい。

しかも、ポイントで記事から株を直接買うこともできちゃう!

もちろんdポイントのキャンペーンは他社でもよくやってるし、僕自身もローソンやマクドナルドに行く機会も多いから、日常生活のなかで無理せずポイ活しやすい、というメリットも。

03.
「100pt」から株が買える
敷居の低さ

正直、株を始めるときって不安も多いけど、儲けることが目的というより、自分自身の勉強のためでもあったから、日興フロッギーの「100ptから始められる」というサービスは敷居が低くて、素直にうれしい!

いつもはコンビニの支払いとかで使っていた「100pt」を株に投資することで「経済と繋がれる」っていう、今までの人生にはない貴重な経験ができていると思う。

どこかで聞いた「100ptでも100万円でも、株を買うっていう体験そのものに意味がある」っていうのは、本当にその通りだなって思う。

→もっと知りたい

04.
100万円までは
「買い手数料」もかからない!

「dポイントが使えて、100ptから始められる」。

それだけでも十分魅力的だったけど「結局いろいろ手数料かかるんだろうな」と思っていた僕にとって、100万円までは買い手数料がかからないのも気軽に始められた理由のひとつ。

淡々と少ない金額から始めて、徐々に知識を身に付けたい ——そんな僕みたいな人にはぴったりだと思う。500円貯金のような感覚で始める人がいる、というのにも思わず共感!

そしてポイント投資で習慣をつけて、将来的には自己資金で老後の資産形成をシミュレーションするのもいい。

05.
ニュースの見方や
仕事相手と話すスタンスも変わってきた

自分の買っている株や残高はもちろん、企業情報や経済トピックもチェックするようになったし、何より「日興フロッギー」の記事を見るようになって一気に知識が広がった。

仕事の取引先の人たちとの会話も広がるようになってきたし、何気ないニュースやトレンドの見え方も変わってきた。

株を買った企業が成長して、またその企業の商品を買って、さらにポイントが貯まっていく、みたいな循環がイメージできるようになっただけでも、ずいぶん成長したと思う。

今のところ、株を始めてから何か大きなリスクがあったわけではないし、懐もまったく痛んでいない。SMBC日興証券が展開しているサービスだから安心感もある。……うーん、なんでもっと早く始めなかったんだろう(笑)。

→詳しくはコチラ

ご留意事項

日興フロッギーでお取引いただくキンカブ(金額・株数指定取引)(以下「キンカブ」)は、約定代金と別枠での手数料を徴収しない方式で行うお取引です。キンカブでお取引いただく際、100万円以下の買付はご負担いただくスプレッド(売買価格の差)はございませんが、売却は、始値よりも0.5%安い価格でお取引いただくことでスプレッドをご負担いただきます。また、100万円超の買付は始値よりも1%高い価格で、売却は1%安い価格でお取引いただくことでスプレッドをご負担いただきます。なお、約定いただく際の単価は、買付時は円未満切上げ、売却時は円未満切捨てとなります。始値とは、前場と後場それぞれの最初の取引で成立したときの株価をいいます。キンカブとは、東京証券取引所に上場している株式のうちSMBC日興証券株式会社が定める銘柄を対象に、「金額」もしくは「株数」を指定して100円から株式投資ができる、独自のサービスです。日興フロッギーでは、キンカブの金額指定取引がご利用いただけます。

株式投資には、株価の変動等により元本損失・元本超過損が生じる恐れがあります。投資にあたっては、契約締結前交付書面等の内容を十分にお読みください。

商号等:SMBC日興証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2251号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
今日も会社へ出勤。忙しい1日が始まり、外が暗くなるまで働く。ただ事業が拡大して成功することを信じて…。ただ、こんなに頑張っているのに思い通りにいかないのは...
お金持ちになりたいなら、まずは「思考の切り替え」が必要です。作家であり、金融についての情報を発信するメディア「moneyminiblog」の代表を務めるK...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
「やろう」と思ってもなかなか実行に移せないのは、いきなり「やる気→行動」にもっていこうとするから。「最初の踏み込み」の部分がないため、くじけてしまうのです...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
Twitterが先日10日、記事を読んでからリツイートするようユーザーを促すテストをおこなっていることを発表。ユーザーが読んでない記事をリツイートしようと...