本当に本当に、街でもアウトドアでも使えるアウターの秘密

ダウンは使ってないのにめちゃくちゃ温かくて、なんなら温度調整までできちゃうアウターがあるんです。

その秘密は、世界初の布ヒーティングシステムを使った “インナーベスト” にありました。

この冬、これは買いです。

「あぁ、機能系アウターね」と素通りするなかれ。

あのナノ・ユニバースのサステイナブルレーベル「Meaningful continuity(ミーニングフル コンティニュイティ)」で見つけた「HOTOPIA®(ホットピア)」と呼ばれるこのインナーベストつきアウターなら、アプリと連動して4段階の温度調整ができるんです。

未来ってこういう服がスタンダードになるのかな……と考えてしまうくらい、とっても便利で快適。

 一見「寒くないの?」って聞かれるけど、このインナーベストのおかげで、カイロに包まれているようなポカポカを保ったまま、デザインにこだわったアウターに仕上がっているんです。

専用アプリをBluetoothでペアリングするだけ!

歩いているときも、電車の中でも
オフィスでも快適

この季節になると、外は寒いんだけど歩いているうちにカラダが温かくなってきたり、また室内に入ったら暖房が効きすぎで暑かったりと、体温調整がうまくいかないこともしばしば。

着たり脱いだり、また着て、脱いだり……。ビジネスパーソンからよく聞く冬の悩みのひとつです。

HOTOPIA®が優れているのは、状況に合わせてサクッとスマホのアプリで簡単に調整できること。いちいち外気温に振り回されません。

しかも、そんな「最新スペック」を思わせない絶妙なシルエットがいいんです。ロング&オーバーサイジングで今っぽいし、毎日の通勤でも使いたい。「急な出張で寒い地域に行くことになった……」なんてときも、この一着さえあればOK。

→ラインナップを見る

薄く見えて、じつは温かい。
「休日」はコレ!

日中は暖かったのに、気がついたら陽が傾いて一気に風が冷たくなってきて……なんて冬日も安心です。スマホで発熱温度を高めるだけ。

防寒対策で荷物がかさばるのが苦手な人も、HOTOPIA®のアウター1枚ならその楽チンさがクセになるはず。

しかも驚くべきは、そのレスポンスの良さ。「ちょっと寒いな……」と思ってから、ものの数分でポカポカしてきます。アプリを作動すると、発熱体から遠赤外線が放出されて、じんわり気持ちいい温かさに包み込まれます。

しかも貼るカイロのような局所的なポカポカではなく、背中を中心に上半身全体を温めてくれるんです。

→ラインナップを見る

ってことは
室内・車内でも快適です

たとえば冬のドライブ。「外は寒いけど、車内は暑い!」

乗り降りするたびに着たり脱いだり、けっこう面倒ですよね。

HOTOPIA®なら、それほど寒くないときはヒーティングシステムを切ってさえしまえば、普通に快適なアウターです。

もちろん室内や車内でそのまま着ていても大丈夫ですし、モコモコ系ダウンのように荷物としてかさばることもありません。

→ラインナップを見る

“本当に、本当に”
街でもアウトドアでも使えます

「街でもアウトドアでも」なんて決まり文句だけど、HOTOPIA®はガチ。

微撥水なのは日本の秋冬を過ごすなら譲れない機能だし、しわになりづらいイージーケアな素材なので、ヘビーユーズ前提ってこと。

なにより、ポカポカ効果の主役であるインナーベストは、そのまま洗濯も可能なのです。

お出かけ用としてはもちろん、少しアクティブに遊びたいアウトドアシーンでも活躍してくれること間違いなし。

→ラインナップを見る

お散歩やジョギングの
足どりも軽くなっちゃう!

歩き始めたら大丈夫なんだけど、とにかく最初がつらい冬のお散歩やジョギング。

HOTOPIA®のアウターなら、その悩みもすぐ解決です。もうお分かりですね? 最初はヒーティング機能を使って、カラダが温まってきたら切ればいいんです。

しかも、ただ温かいだけじゃありません……!

遠赤外線効果で血行改善や免疫力アップ、新陳代謝の促進も期待できます。また、銀繊維から発生する銀イオンは650種類のウイルスの発生を抑制するそうで、「次世代の一着」と言っても過言ではありませんね。

→ラインナップを見る

左から
HOTOPIAシングルトレンチコート(¥49,500)
HOTOPIAロングマウンテンパーカー(¥49,500)
HOTOPIAショートモッズコート(¥46,200)

現状、HOTOPIA®を採用しているのが、この3タイプ。

……で・す・が!

冒頭の話を思い出してみてください。ポカポカの秘密は、インナーベストにあります。

つまりインナーベストだけ外してしまえば、自分の手持ちのアウターと組み合わせてHOTOPIA®の機能を持たせることだって可能なんです。

「気に入ってるけど、あれだと寒いんだよな〜」という理由で避けてきたアウターを、再び引っ張り出すチャンスでもあります。

長く、永く、着れるものを選ぶのって、これからは無視できない選択肢。サステイナブルレーベル「Meaningful continuity(ミーニングフル コンティニュイティ)」の「HOTOPIA®(ホットピア)」ならそれが実現できるわけです。

毎シーズン&毎年選ぶスタイルから、環境に合わせて変化できちゃう一着なんていいでしょ?

→カラバリも気になる!

撮影協力:Satellite YUIGAHAMA、THE GOOD GOODIES

関連する記事

春先のキャンプや花見で頭を悩ませるアウター選びに終止符!「アンサー4」「ティートンブロス」「ELDORESO(エルドレッソ)」の軽くて携帯性に優れた機能性...
数あるアイテムのなかから「これだ!」と思う5着を厳選してお届け。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
どんなスタイリングにもマッチする「ダッフルコート」の「トグルボタン」に秘められた歴史とは?
「Makuake」にて、PCや文房具などすべてをポケットに入れて持ち運べる便利なアウター「着るリュック」が先行販売を実施中。
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
価値のある上質なライフスタイルを提案する「Goldwin」より、寒暖差の激しくなる秋の街に適した、高機能素材を使ったコート&ジャケットが発売された。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。
「星野リゾート トマム」に冬の風物詩とも言える「アイスヴィレッジ」が2020年12月10日(木)から2021年3月14日(日)まで期間限定でオープン。
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
〈ARC'TERYX(アークテリクス)〉のプルオーバーは一年中ワードローブに組み込めます。象徴的なのはサイドにポケットがないデザイン。それにより全体的に細...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「DAGGER NeckWarmer」の紹介です。
「O -(オー)」の冬の定番といえば「SLEEPY PARKA」。その名の通り、“眠くなるほど暖かいパーカ”。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
「Ga-Mant(ガーマント)」は、透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材に加え、ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッチリ。ファッションとしての...
ポーランドを拠点とするダウンガーメンツブランド「AURA」の「ICE Jacket」の紹介。
ケアに手間がかかるからこそ愛着がわくアウトドアで話題の「オイルドジャケット」をご紹介。「バブアー」「フェールラーベン」「ベルスタッフ」など人気ブランドのア...
アウターウェアブランド「OROS」から、細かすぎるほど多くの改良を加えた最新作が発表された。