未来すぎる!どんな色でも合成できる「YSL」のAIリップスティックって?

日々、進化のめざましいコスメ業界

「美の革命」だなんていわれても、よっぽどのことじゃないと驚かないわ……とお考えのあなたに、ぜひ見てほしい

© YSL Beauty/YouTube

「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur Mesure(オーダーメイドの口紅)」

デバイスのなかには、3色セットのカートリッジを入れられるようになっており、その色合いによって、作り出す色の雰囲気を自在に変えることができる。

ラインナップは、レッドオレンジピンクヌードカラーの4種類で、その組み合わせはなんと数千色にも及ぶという。

© LOrealUSA/Twitter

だが、革命はこれだけでは終わらない。

専用アプリの「シェードマッチ」機能を使えば、画像やカメラに写したものと同じ色を作り出すことが叶うのだ。

つまり、SNSの投稿や雑誌、街中で「いいな」と思った色を、その場で作って唇に乗せられるということ。

さらに「シェードスタイリスト」機能では、今着ているコーディネートと髪色などのバランスを見て生成してくれるため、ぴったりな色の口紅をラクラク手にすることもできてしまう。

Bluetooth対応、充電が1週間以上持つバッテリー、USB充電可能など、どこでも安心して連れ出せるコチラは、先行してアメリカで予約受付中(299ドル)。

日本での発売は未定だが、商品としては9月に本格展開を予定している。その頃にはカスタムスキンケア版、ファンデーション版のデバイス発売も予告されており、YSL旋風必至の秋冬が待ちきれない!

Top image: © Yves Saint Laurent Beauté
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...