「今の自分で大丈夫」52の言葉が元気づけてくれる「セルフラブカード」

ありのままの自分を受け入れ大切にする“セルフラブ”。海外ではスタンダードになりつつあるが、日本ではまだまだ広まっていないようだ。

統計によると、日本の10代女性の93%は「容姿に自信がない」と答え、43%が「自信がないから何かしら諦めた経験がある」と回答。調査対象国14ヵ国中で最下位だったそう。

そんな女性たちに「今の自分のままでいい」「無条件で自分を愛してあげよう」と自己肯定感を高めてもらいたいと、2人の女性が作ったのが応援購入サービス「Makuake」で販売中の「セルフラブカード」

©Makuake
©Makuake

イラストの添えられたミニカードには、海外でよく口にされる52のセルフラブメッセージが綴られ、「私たちは今のままので十分である。(We are enough)」と元気づけてくれる。

使い方は、自信が出ないとき、アイデアを必要としているとき、朝のお出かけ前にカードを引いてアファメーション(自己肯定感を高める)したり、誰かにプレゼントして周りの人にもエンパワメントの輪を広げたり。

周りの人に「自信を持って!」と言われても、そううまくはいかないもの。まずは肯定的な言葉の力を借りることで自分を認め、自分をたくさん愛してあげよう。

©Makuake
©Makuake

セルフラブカード
【購入ページ】https://www.makuake.com/project/selflove/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
集中力の妨げになるものを完全シャットアウトできるダンボールの「セルフブース」が登場。圧迫感の少ないサイズ感とデザインなのでリビンクにも置けそう!
私がセルフケアという言葉を知ったのは、ニューヨークで働いていた4年前のこと。ロウアー・マンハッタンにある『Refinery29』というデジタルメディアで、...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...