もう飲んだ!?味わい深い「新世代コーラ」4選

近年、続々と登場している「クラフトコーラ」。どの商品にも“オリジナル”にはない、手作りならではの味わい深さがある。

えっ?コカ・コーラじゃないとコーラじゃない?

そんなこと言わず一度飲んでみてよ!

岐阜県の新名産
「薬草のクラフトコーラ」

©to U

故郷の活性化に熱を燃やす3人のミレニアルズが手掛ける「ぎふコーラ」。

約300年もの薬草文化をもち、“薬草の聖地”ともいわれる秘境、西濃地区・揖斐川町春日村との協業によるもので、この地で採れた「よもぎ」「かきどおし」「どくだみ」「ヤブニッケ」ら4種類をスパイスに調合。

薬草のイメージががらりと変わるほどスッキリした仕上りで、炭酸はもちろん、ワインやウイスキーといったアルコールで割ってもおいしい。

世界にたった一つの味!
自家製「クラフトコーラ」

©タルゴジャポン株式会社

化粧品や食品の輸入販売を担う「タルゴジャポン株式会社」が、自社のオンラインショップ(Maison de LA MER)限定で発売している「クラフトコーラ」のキット。厳選されたスパイスと専用シロップを煮込んでつくる自分だけのオリジナルコーラが楽しめるというもの。

つまりは、世界にたった一つの味。

キット内容は、スパイス4種(シナモンスティック、コリアンダーシード、カルダモン、クローブ)と専用シロップが1本。専用シロップは、「オリジナル」「スパイシー」「コンブチャ」の3フレーバーからチョイスが可能だ。

「八海山の甘麹」がベース
カラダにやさしいクラフトコーラ

© 株式会社ふぁんドリ

八海山の甘麹で作った甘酒ベースのクラフトコーラ「UMAMI COLA」が登場。

「体に優しい成分でも、いかにして甘みの感覚を味わってもらうか」を考え抜いて開発されたこのコーラ。使用される原料はすべて、予防医学を意識したもののみを採用している。

ベースには「飲む点滴」と呼ばれ、血糖値の上昇度合い(G1値)が低く健康的で、かつ甘みのある原料として「米麹から作られた甘酒」を採用。

夫婦ふたりで限定生産する
「喜界島のクラフトコーラ」

©TOBA TOBA COLA

奄美群島・喜界島に暮らす夫婦が、一つひとつ丁寧に手づくりした、無添加・無着色の「TOBA TOBA COLA」。

島特産のきび糖と在来種の島みかんに14種のスパイスを配合。じっくりと抽出したシロップは、雑味が少なく上品な甘さと香りが特徴。炭酸水で割れば、サトウキビの葉をゆらすやらわかい島風を浴びたような爽快感に包まれる。

現在、予約が殺到中。310g入りで2450円(税込)。

Top image: © 2020 TOBA TOBA COLA