限られたスペースでも「書斎」がもてる!

昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。

生活の場をいかに“職場”に転換できるか。そこがアウトプットのカギ。では、一部屋丸ごと書斎にする?ダイニングテーブルに事務用の椅子を導入する? あるいは、最近流行のクロッフィス(クローゼットをオフィスに活用)をDIY? スペースには限りがある。

さて、前置きがながくなったが、ここに紹介したいのは限られたスペースでも書斎を持てる「Think Lab HOME」だ。

©Makuake
©Makuake

「Think Lab HOME」は、集中を科学するソロワークスペース「Think Lab」が開発した家用の集中ブース。生活と仕事の場を組み立て式の個室型パーテーションで区切ることで簡易書斎をつくり出すというもの。

空間サイズに限界がある家庭にもマッチしたコンパクトな造りで、しかも仕事が終わればわずか3秒折りたたんで収納することもできるという。

©Makuake

金属やプラスチックは最小限にとどめ、メイン素材は99%紙素材。ゆえに圧倒的に軽い。それでいて強度や耐久性も十分。(最適重量は20kg)集中力を保てる最低限のサイズ感は、狭すぎず広すぎないベストサイズに設計されてあるのもいい。

もはや「家じゃ集中できない!」が言いわけにしかならなくなるスマート書斎は、昨秋、応援購入サービス「Makuake」に登場。販売開始からわずか30分で完売、ぶっちぎりの資金調達に成功というのもうなずける。

現在は、商品化したリターンが1万4000円(税込)という、かなり現実的な価格で購入できるのだが……これがまた超が付くほどの人気ぶり。もしかしたら、この記事を読んでいただいている頃には「売り切れ」なんてことがあるやも。

それでも、追加生産に期待せずにはいられない!

©Makuake

Think Lab HOME

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/thinklabhome/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

欧州で累計販売数3万個を突破。在宅ワークにおける生産性と快適性を追求したPCデスクが日本上陸。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」からニューノーマルに対応した新プランが発表された。
「イオン」のホームファッションブランド「HOME COORDY」から、秋冬アイテムとして在宅ワークに便利な「高脚こたつ」が登場。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「MUSIC AID RUN in TOKYO」はマラソン大会のエイドステーションで水分を補給するように、街中で音楽を補給するニューノーマルなイベント。
片手だけでペーパーをカット、サッと取り出せる、今までありそうでなかった卓上型キッチンペーパーケース。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。