ウイルスに強い「ニューノーマルな住宅」

時代が生んだ家ってことなんだろうか……。コロナ禍で迎えた2021年にこそ相応しい、“新しい生活様式の家”が登場した。

木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が、新年早々から今春3月31日(水)までの期間限定で、限定300棟の販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」。

なんでも、この住宅に導入される徹底したウイルス対策にかかれば、ウイルスが10分後には99%減少するという。その効果については、新型コロナウイルスに有効な成分として、経済産業省お墨付きなんだとか!

触れることの多いドアノブやスイッチ、取手、手すりもウイルスの活動を弱める「ウイルスシールド加工」が施され、床材や建具もいたるところ抗ウイルス仕様。

環境負荷の低減や耐震基準クリアは当然として、これからは、「ウイルス対策を標準化!」ってのも、住まいには当たり前の時代になるってことなんですかね!

Top image: © 株式会社アキュラホーム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事