【2023年開業】日本一の高さにできる「アマン」の高級住宅…共用スペースにスパも!

森ビルが「ヒルズの未来形」として、2023年に向け開発を進めている都市再生事業「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業(虎ノ門・麻布台プロジェクト)」。

ここに世界有数のスモールラグジュアリーリゾートとホテルを擁する「アマン」とのパートナーシップにより、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」が誕生すると今月発表された。

©森ビル株式会社

日本一の高さとなる予定の高さ約330mある超高層ビル最上部、54~64Fに誕生する住宅は全91戸。

ホテルブランデッドレジデンスとして、エクスクルーシブなサービスを提供。居住者専用の1400㎡もの「アマン・スパ」も備えるという。ラグジュアリーホテルブランドのホスピタリティにより、究極の非日常と穏やかさで満たされる毎日がそこに用意される。

©森ビル株式会社

また、同地にはモダンで遊び心のある「アマン」の姉妹ブランドの日本初進出となる、ラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」開業の詳細も伝えられた。

「ソーシャル ウェルネス」に重きを置いた体験を提供する同ホテルは、緑豊かな中央広場に面した立地で、客室は約120室。国内最大規模となる約3500平方メートルのスパや6つのレストラン、カフェ、バーなどを展開するという。

2019年からTABI LABOでもお伝えしてきた、この「虎ノ門・麻布台プロジェクト」「ジャヌ東京」の計画がいよいよ具体性をもって、ゲストを迎える準備できたといったところだろうか。

©森ビル株式会社

『アマンレジデンス 東京』
【所在】虎ノ門・麻布台地区 A街区 54-64階      
【総戸数】91戸

『ジャヌ東京』
【所在】虎ノ門・麻布台地区 B-2街区 1-13階
【客室数】約120室
【標準客室面積】約60㎡
【共用施設】レストラン、カフェ、バー、スパ(約3500㎡)、フィットネスジム、他

Top image: © 森ビル株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事