ほぼ全パーツが取り換え可能なPCが誕生

近年、利便性高性能化などの要因によってデスクトップよりもノートパソコンを選択する人がほとんどであるという。

実際にノートパソコンでほとんどの作業や仕事をおこなえてしまうのだが、そのコンパクトさゆえに、パーツ交換が素人には難しいというのがデメリットとして挙げられる。

そこに目をつけたのがコンピュータスタートアップ企業「Framework」の開発した「Framework Laptop」だ。

「Mac Book」と似たボディを持つこのノートパソコン、なんとほぼすべてのパーツを交換することができるという。

同社の創業経緯は、可能な限り家電製品の寿命を伸ばし、産業廃棄物を削減するというもの。

パーツを交換可能にしてノートパソコンの寿命を伸ばすことで、ユーザーにとっても地球にとっても優しい選択になるというわけだ。

また、スペックに関して、申し分のない性能であることはもちろん、特筆すべきはサイドに備えられた拡張カードシステムだ。

本来であればUSBなどのポートが配されている場所に好みの拡張カードを差すことでカスタマイズできるのだとか。「USB-A」「USB-C」「HDMI」などお馴染みのポートに加えて、「1TBのストレージ」「高性能ヘッドフォンアンプ」まで用意されているという。

価格などについては明らかにされていないが、2021年夏の出荷を目指しているとのこと。

公式サイトからメールアドレスを登録すると続報が得られるようなので、気になる方はこちらからチェックしてみてほしい。

“可能な限り家電製品の寿命を伸ばし、産業廃棄物を削減する”という使命をもったノートPC「Framework」。
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事