熊本の薬剤師が考案した「ふりかけ」は、カルシウム不足の救世主【自炊に疲れたアナタへ】

ごはんを炊いて、ササササー。

ラクチンでおいしくて栄養もとれる「ふりかけ」は、まさに現代が誇るべきイノベーション。

そろそろみんな、おうちでごはん作るのに飽きてますよね?

もう、“ふりかけごはん”でよくないですか。ふりかけごはんでいいですよ。人生、ほどよく手を抜くのは大事です。

それにイマドキのふりかけをなめてはいけません。このシリーズを最後まで根気よく、粘り強く追いかければ、人生を狂わせるような「マイベストふりかけ」に出会ってしまうかもしれません(全12回の予定です。あきらめないでついてきてください)。

一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている「御飯の友」

ふりかけの元祖は
「熊本」にあり!

©2021 NEW STANDARD

じつは、日本のふりかけの元祖が「熊本」にあったことを、今回初めて知りました。

もし、私と同じように今知ったぜ、という方がいたら、明日からはシタリ顔で周囲の人に話してくださいね。

そんなわけで、昭和34年に誕生した「全国ふりかけ協会」が、平成6年に「ふりかけの元祖」として認定したのが、この熊本発祥のふりかけ「御飯の友」なんだそうです。

ちなみに「御飯の友」は大正初期、今から100年以上も前に考案されているのですが、考案者はなんと吉丸末吉さんという薬剤師さん。

食料不足の時代だった当時の日本では、人々は慢性的な「カルシウム不足」状態。それをなんとかしたいと思い、「魚を骨ごと細かくし、おいしく味付けをしてご飯にかけて食べる」という発想のもとにこのふりかけを開発したのだとか。

味は香ばしくって、ちょっと甘め。

「やっぱこれだね〜」って言いたくなっちゃうような、懐かしくてホッとする味です。そして、小魚の風味が濃い〜。

卵焼きに混ぜたり、納豆ごはんやチャーハンにふりかけたり、パスタやうどんのトッピングにしたり、白メシ以外にもめちゃくちゃ応用が効きそう。

「御飯の友」は、そんな感じのふりかけです。

よし、
ふりかけごはんにしよう!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。八つ目は、辛そうで辛くないのがクセになってしまう「京らー油ふりかけ」。「ラ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。五つ目は、ふりかけグランプリ金賞受賞の、サラリといけちゃう「納豆ふりかけ ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。七つ目は、幻の魚とも言われる高級魚・のどぐろを使った「のどぐろ煮付け風味ふ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。11個目は、広島県民なら知る人ぞ知る栄養たっぷりのふりかけ「旅行の友」。「...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。四つ目は、中華屋店店主もビックリ!な「エビチリ風ふりかけ 」。ラクチンでお...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。三つ目は、北海道行きたいな〜、お祭り行きたいな〜、そんな想いにこたえる「じ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。九つ目は、沖縄の風が吹く「タコライス風味ふりかけ」。「ラクチンでおいしくて...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。二つ目は、オイスター好きも唸らせちゃうかもしれない「かきふりかけ」。ラクチ...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。十個目は、白メシがあっという間にごちそうになる!旨味がとろける「牛とろフレ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。12個目は、東京・新橋の老舗佃煮店が開発した「お茶碗で世界旅行」がコンセプ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
日本人の食事はカルシウムが不足しがちと言われています。カルシウムは体内で最も多いミネラルで、その99%が歯や骨に存在します。そのため不足すると骨や歯が弱く...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
日本の三大コーヒー産地(沖縄、奄美、小笠原)ではない阿蘇・熊本でも、国産のコーヒーを発見!阿蘇産の農作物の美味しさを伝えたいと、高校赴任時に生徒と一緒にコ...
ご飯のカロリーってどのくらい?ご飯が太るって本当?知っているようで知らないご飯のこと。今回は、糖質や1日の摂取量の目安といった基本知識から、ダイエット中の...
静岡県焼津市の業務用かつお節製造・販売メーカー「小林食品」が、薄さ0.01mmに削ったかつお節で作る、超高級ラインのふりかけ「口どけ」を開発。容器も極上仕...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
9月中旬、熊本県内に3店舗を展開する「ろじぱん」が海を渡って「ロサンゼルス」に新店舗をオープン。オーナー・藤井さんにお話を伺いました。
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。