高級魚「のどぐろ」がふりかけになっちゃった!【自炊に疲れたアナタへ】

ごはんを炊いて、ササササー。

ラクチンでおいしくて栄養もとれる「ふりかけ」は、まさに現代が誇るべきイノベーション。

そろそろみんな、おうちでごはん作るのに飽きてますよね?

もう、“ふりかけごはん”でよくないですか。ふりかけごはんでいいですよ。人生、ほどよく手を抜くのは大事です。

それにイマドキのふりかけをなめてはいけません。このシリーズを最後まで根気よく、粘り強く追いかければ、人生を狂わせるような「マイベストふりかけ」に出会ってしまうかもしれません(全12回の予定です。あきらめないでついてきてください)。

七つ目は、幻の魚ともいわれる高級魚・のどぐろを使った「のどぐろ煮付け風味ふりかけ」

高級魚だって
ふりかけならリーズナブル!

©2021 NEW STANDARD

「のどぐろ」といえば、白身のトロともいわれる貴重な高級魚。釣り好きの友人曰く、のどぐろはエビやカニを好んでよく食べるので、それがのどぐろ自身のウマ味にもなっているんだそうです。

おいしいですよね〜のどぐろ。漢字で書くと「喉(が)黒(い)」。実物を見たことがある人はわかるかもしれませんが、表面上の喉が黒いのではなく、口から中を覗くと真っ黒なところからつけられた名前です。

そんなのどぐろを使い、煮付け風味に仕上げたのがこの「のどぐろ煮付け風味ふりかけ」。

あの高級魚をこんなに気軽に、リーズナブルに楽しめるなんて〜と感動してしまいました。

食べてみると、煮付けの甘い味わいの後、お魚の風味がほんのり追いかけてきます。いわゆるガツンとくるようなインパクトのある味ではないのですが、一口ずつ目をつむってじっくり味わいたくなるような、滋味深さがあります。

正直な話、以前石川県を旅したときに食べたのどぐろのお寿司が感動するほどおいしかった、というのは覚えているんですが、「のどぐろってどんな味?」と聞かれると、「こんな」って答えられないんですよね。確かにおいしかったはずなんですが……。

派手な主張のない滋味深さ、それが高級白身魚の味わいというものなのかもしれません。

しかも、あらためて考えてみれば、私はそもそも「のどぐろの煮付け」は食べたことがない!つまり、このふりかけが「のどぐろの煮付けっぽいか」ということは語れないのでした(トホホ)。

それでも一度は食べてみる価値ありです。なんてったってのどぐろは高級魚。本物はなかなか食べられませんから。ふりかけといえど、ほんのりラグジュアリーな気分を味わえるはず。

「のどぐろ煮付け風味ふりかけ」は、そんな感じのふりかけです。

よし、
ふりかけごはんにしよう!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。八つ目は、辛そうで辛くないのがクセになってしまう「京らー油ふりかけ」。「ラ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。五つ目は、ふりかけグランプリ金賞受賞の、サラリといけちゃう「納豆ふりかけ ...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。二つ目は、オイスター好きも唸らせちゃうかもしれない「かきふりかけ」。ラクチ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。三つ目は、北海道行きたいな〜、お祭り行きたいな〜、そんな想いにこたえる「じ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。四つ目は、中華屋店店主もビックリ!な「エビチリ風ふりかけ 」。ラクチンでお...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。11個目は、広島県民なら知る人ぞ知る栄養たっぷりのふりかけ「旅行の友」。「...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。九つ目は、沖縄の風が吹く「タコライス風味ふりかけ」。「ラクチンでおいしくて...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。十個目は、白メシがあっという間にごちそうになる!旨味がとろける「牛とろフレ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。12個目は、東京・新橋の老舗佃煮店が開発した「お茶碗で世界旅行」がコンセプ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
静岡県焼津市の業務用かつお節製造・販売メーカー「小林食品」が、薄さ0.01mmに削ったかつお節で作る、超高級ラインのふりかけ「口どけ」を開発。容器も極上仕...
TABI LABO編集部がNEXT食品輸入店として注目するiHerb(アイハーブ)でおすすめの「のど飴」3選をご紹介。ストロンなエルダリベーリー味や液体ハ...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
海でも山でも、お供する最高のパートナー。しかも疲れたときには簡単に展開し、心地いい椅子になるのは、なんとあの「ロールス・ロイス」からリリースされたポータブ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。