京都の「ラー油ふりかけ」が病みつきになる理由【自炊に疲れたアナタへ】

ごはんを炊いて、ササササー。

ラクチンでおいしくて栄養もとれる「ふりかけ」は、まさに現代が誇るべきイノベーション。

そろそろみんな、おうちでごはん作るのに飽きてますよね?

もう、“ふりかけごはん”でよくないですか。ふりかけごはんでいいですよ。人生、ほどよく手を抜くのは大事です。

それにイマドキのふりかけをなめてはいけません。このシリーズを最後まで根気よく、粘り強く追いかければ、人生を狂わせるような「マイベストふりかけ」に出会ってしまうかもしれません(全12回の予定です。あきらめないでついてきてください)。

八つ目は、辛そうで辛くないのがクセになってしまう「京らー油ふりかけ」

この色、
絶対辛いですよね?

©2021 NEW STANDARD

どうですか。

この「京らー油ふりかけ」、めっちゃくちゃ辛そうに見えますよね。ところがどっこい、そんなに辛くないんです。ちょっと前に「食べるラー油」が流行りましたけど、あれと似てるかもしれません。「ウマ辛」です。

京野菜「九条ねぎ」の豊かな香りをうつした「京ラー油」を、香ばしく焙煎した胡麻にじっくりと染み込ませるとともに、素揚げにして甘みを出した九条ねぎもたくさん入っているので、ごはんがすすむすすむ。

一口目で「こりゃ旨みがすごい」と思ったんですが、九条ねぎか〜。九条ねぎはズルい。ウマい。

濃厚な味わいのふりかけなので、パスタやハムチーズトーストのトッピングにしたり、しらす丼や卵かけご飯のお醤油がわりに使ったりしてもおいしいみたいですよ。

食べるラー油で試しましたが、この手の味は、冷奴やサラダにも合うはず。

いろんな料理に使えるっていう汎用性は、ふりかけの無限の可能性とか、アグレッシブさを感じさせてくれますよね。もはや白メシだけを相手にしてるんじゃないんだぞっていう。

ま、今は自炊に疲れてるんで、白メシにササササーっとかけて食べる一択ですけれども。

「京らー油ふりかけ」は、そんな感じのふりかけです。

よし、
ふりかけごはんにしよう!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。七つ目は、幻の魚とも言われる高級魚・のどぐろを使った「のどぐろ煮付け風味ふ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。四つ目は、中華屋店店主もビックリ!な「エビチリ風ふりかけ 」。ラクチンでお...
大手食品会社「Mars(マース)」がチョコボール「Maltesers(モルティーザーズ)」のおいしさを最大限に引き出すために持ちかけた、ケーキ対決「Bak...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。三つ目は、北海道行きたいな〜、お祭り行きたいな〜、そんな想いにこたえる「じ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。五つ目は、ふりかけグランプリ金賞受賞の、サラリといけちゃう「納豆ふりかけ ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。九つ目は、沖縄の風が吹く「タコライス風味ふりかけ」。「ラクチンでおいしくて...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。二つ目は、オイスター好きも唸らせちゃうかもしれない「かきふりかけ」。ラクチ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。六つ目は、ちょっと振るだけでもツーーン!とウマ辛い「Wasabi Furi...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。十個目は、白メシがあっという間にごちそうになる!旨味がとろける「牛とろフレ...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。12個目は、東京・新橋の老舗佃煮店が開発した「お茶碗で世界旅行」がコンセプ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
ご飯のカロリーってどのくらい?ご飯が太るって本当?知っているようで知らないご飯のこと。今回は、糖質や1日の摂取量の目安といった基本知識から、ダイエット中の...
京都への全面移転を進めている「文化庁」が、京都移転を世に広く知ってもらおうと、令和3年2月14日(日)までロゴマークの案を募集中。
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...