日本初、EDのオンライン診療サービス「Oops」

オンラインのED診療サービス「Oops(ウープス)」を知っているだろうか?これは、診察〜処方までの全ステップがオンラインで完結するサービスだ。

©SQUIZ inc.

使い方は以下の通り。

まず診察の日時を当日か翌日以降で選択し、即効性が特徴の「SPEED」と作用時間が長いといわれる「MILD」の2種類から好みのものを決め、具体的な日時を確定。

名前などの基本情報を入力し、アレルギーや持病に関する問診に解答すれば予約が完了。

当時は医師の電話診察を受け、薬(国内承認済)を処方してもらう。終了後に届くメールで決済。最短で翌日にポスト投函される、という流れだ。

「自分がEDかどうかわからない」というユーザーの声を受けて、6/4にはEDのチェックができるコンテンツがスタート。医師にLINEでチャット相談ができるシステムも導入された。

©SQUIZ inc.

なんと、成人男性の4人にひとり、1400万人もの人が、ED(勃起不全)の悩みを抱えているといわれる現代社会。Z世代、ミレニアル世代にも、過度なストレスなどが原因で発症する人も多いそうで、実際、現時点で利用者の70%が2,30代だとか。

セクシャルウェルネスにまつわる話は近年どんどんオープンにされるようになってきている。けれど、性の悩みで病院へ行くのはまだまだ気後れしてしまうもの。

たくさんの人に「Oops」の存在を知ってもらえますように。

『Oops』

【URL】https://oops-jp.com/

Top image: © SQUIZ inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事