スマホを一瞬で「高性能顕微鏡」に変身させるアイテム

イタリアの新進気鋭のメーカー「SmartMicroOptics」が、3年に及ぶ開発期間を経て、前モデル「blips」をさらに進化させた高性能ポータブル顕微鏡「DIPLE」を発売。

なんと、従来品では成しえなかった最大1000倍という高倍率を出すことに成功したという。1000倍の倍率と聞いてもピンとこないかもしれないが、それは、微生物はもちろん、カビ細菌、血液などの細胞の詳細を観ることが可能になるレベルのもの。

付属のレンズ・台座・LEDライト・ピンセット・プレパラート・スポイトが、すべて専用のコンパクトケースに収納でき、どこにでも持ち運び可能なサイズになっている。

重さ20gの薄型軽量なのに、高さ10メートルから落としても壊れにくい耐久力もあり。

また、スマホのレンズに直接取り付けるタイプではないため、さまざまな機種や形体で使用することが可能だ。専用のアプリも不要。

本格的な顕微鏡を手に入れるとなるとなかなか大変だが、これさえあれば、気軽に日常の好奇心を満たすことができそうだ。ホコリ、フケ、鼻くそ……観察対象としておもしろそうなものはきっとたくさんある。

©Makuake
©Makuake

DIPLE

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/diple/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事