人混みでも100%検知!英国で新型コロナ検出センサーが開発

新型コロナウイルスの感染確認のために、アラブ首長国連邦では警察犬ユニットが配置されるなど、同ウイルスの検査に“匂い”が有効であることは、当初から語られてきた。

そんな特性を応用した、新型コロナウイルスの匂い検査がイギリスで開発。しかも、テストでは100%の精度で、感染者を判別できたようだ。

もともとは、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院(LSHTM)とダラム大学の共同研究に由来するというこのセンサー。

研究にて、RoboScientific社の製造するセンサーを利用することで、新型コロナウイルスの検査に有効であることを発見し、同社が新たなセンサー開発の流れに至ったという。

新センサーの「Covid-19 Room Monitor」は天井取り付け型のデバイスで、混雑した部屋においても、新型コロナウイルス感染者の匂いを探知。探知してからは15分以内警報を出す仕組みになっているという。

また、高い精度を出した実験結果を得て、PCR検査でも100%の精度にまでは及ばないことから、最も正確な検査になりうるとも注目を集めているようだ。

同センサーは今後、観光地などの人混みで大きな安全性の確保に期待できるのではないかと実用化を進めている。

Top image:Copyright 2021 Roboscientific Limited.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事