寝っ転がっても「ぐらつかない」デバイスホルダー

テクノロジー全盛の現代、スマートフォンやタブレットなど、あらゆるデバイスが日常に溶け込んでいる。

テレビが主役の時代にはきっと考えられなかった、どこでも好きな場所で映画鑑賞や動画視聴が適う。となると今度は、いかに手放しで楽ちんに画面を観ていられるか?がポイント。いくらか軽量になったとはいえ、ずっと持ったままじゃ手が疲れるしね。

そんなわけで、お悩み解決の今どきギアのご紹介!

©SURFACEID PRODUCT DEVELOPMENT CORP.

モントリオールのカンパニー「SurfaceID」がデザインしたデバイスホルダー「TSTAND 2」。

ベッドに寝っ転がりながらでも、ホルダーが体にピタッとフィット。上の画像でもおわかりのようにお腹の上に乗せるではなく、まさしくフィット。これなら安定感が増し、ハンズフリーでも、動画視聴やゲームも安心して楽しめるってもの。ちなみに、画面の角度は310°自在に調整できるため、使い勝手もよさそう。

ホルダーのフックは伸び縮み式で、どんなデバイスにも対応。「Nintendo Switch」のようなゲーム機も、しっかりホールドしてくれるらしい。

もちろん、デスクに設置したり、ソファに深く腰かけながら、あるいは公園のベンチでもOK。これなら、手の痛みだけでなく、頭、腰などにも負担をかけない姿勢でデバイスを使えるに違いない。

 

©SURFACEID PRODUCT DEVELOPMENT CORP.

先代にあたる「TSTAND」が発売されたのが2015年。これが1万台以上売り上げるヒットを飛ばした。今回さらにアップデートをかけ、新たな特徴を追加!

  •  ゴム質の変更→プラスチックが出す「キュッキュッ」という音を軽減し、柔らかい触り心地に
  •  フックの強化→落下防止、さらに長時間の使用が可能に
  • フレームの強化→落下から守る強度なスチールフレームに
  • アダプターの改善→iPadからiPhoneなど切り替えが一瞬で。フックと合わせて、使用するデバイスに合ったサイズに
  • 全てのデバイスに対応→フックの調整でどの機器もホールド可能に
©SURFACEID PRODUCT DEVELOPMENT CORP.

通常価格は125ドル(約1万1300円)だが、クラウドファンディング「Kickstarter」の超早割ならおよそ半額のだいたい6200円、早割でも約7200円といったところ(別途送料がかかります)。

極上のフィット感を求める人は、ぜひ。

Top image: © SURFACEID PRODUCT DEVELOPMENT CORP.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事