「Razer」の光るマスク、すごい。

虹色に光るライトでおなじみの、ゲームデバイスブランドの「Razer」。

PCに限らず、ゲーミングチェアからヘッドホンまで幅広くデザインする同社が新たに販売を発表したのは、ゲーマー用の“光るマスク”だ。

未来的なデザインが目を引く「Project Hazel」なるこのマスク。1月に発表されたコンセプト段階からたちまち話題になっていたもの。あまりの尖ったデザインにコンセプトのみだと思われていたが、いよいよ満を辞して正式販売が決定。

ガスマスクのようなフォルムに七色に光るライト、薄黒い半透明のカバー......といかにもゲーマーが飛びつきそうな、さすがは「Razer」の製品って感じのデザインだ。

さらにこのマスク、ただデザインが鮮烈なだけではない。

コンセプトの段階では、N95規格のフィルターアクティブ換気ファンを搭載、さらにマスク内にマイクアンプも内蔵する超・高機能な“スマートマスク”としてデザインされているのだ。

しかも、交換式のフィルターは一般的な紙マスクの3倍の持続力で、廃棄物の削減にも貢献。機械的なビジュアルに反してサステナビリティにも富んでいる。

それにしても、なぜ光る? なぜ半透明?

そんなこと、「かっこよくてゲーマーが好きそうだから」に決まってるじゃん......と思ったら、そこにも意外な実用性が!

マスクのテーマに「着用者の口元や表情が見えない、声が聞き取りにくいなどのソーシャルコミュニケーションの問題を解決すること」が挙げられていて、半透明素材を用い、さらに発光するのは表情を見やすくするためなんだとか。

一般的に照明を落とした会場で開催されることの多いeスポーツ、そこで認識しやすくなることも光るマスクのメリットと言えるだろう。

というように、未来的なビジュアルと機能美に裏打ちされた「Project Hazel」。ただし、実際に販売される商品がこの機能をどれほど採用するのかは不明で、わかっているのは「光ること」くらい。(笑)

十分カッコいいけど、せっかくだからなるべく詰め込んで欲しいところ。今後の詳細発表に期待しよう。

Top image: © 2021 Razer Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事