【想像以上!】フィランドのゴルゴ13、伝説の狙撃手「シモ・ヘイヘ」の物語 ー HONZ書評

さまざまなエピソードが伝説としてネットの中で流布している。「シモ・ヘイヘがいるという林の中に足を踏み入れた1時間後に小隊が全滅した」「いとも簡単に1分間に150mの距離から16発の射的に成功した」

ウソのような話ばかりだが、この本を読めば、事実がネタ以上であることがわかる。小銃を片手に、極寒の森に潜み、防寒のために着込んだ服の上にさらに真っ白な雪中用偽装服をまとう。射撃用スコープは太陽光を反射してしまい、敵に居場所がわかってしまうので、使わない。射撃姿勢を取り、呼吸を一定に保ち、ひたすら待つ。そして敵の姿が目に入ると、息を吐きながら撃つ。

なんと542人もの敵を殺害し、白装束から「白い死神」とまで呼ばれたシモ・ヘイヘ。でも彼はフィンランドの英雄だ。その背景には、フィンランドのつらい歴史がある。

フィンランドは12世紀にスウェーデンの領土になってから、ずっと他国に支配されてきた。しかし20世紀、ロシア革命のどさくさでついに念願の独立を果たす。しかしソ連はフィンランドに100万人を超える軍隊を送り込み、占領しようとする。しかし迎えるフィンランド軍は、わずか25万人。これが歴史に名高い「冬戦争」だ。兵器も弾丸も圧倒的に不足している中で、フィンランド軍は敵から奪った兵器や弾丸を活用し、火炎瓶まで使い、ゲリラ戦をくりひろげてソ連と対抗し、焦土になりながらも、最終的に独立を保った。そういう厳しい戦いの中で英雄となったのが、シモ・ヘイヘだったのだ。

いまフィンランドは福祉が充実し、テクノロジーが発達した豊かな国として知られている。その背景にこのような凄惨な戦いがあったことをしっておきたい。

読みたい本が、きっとみつかる! おすすめ本を紹介するサイトHONZへは、下のボタンをタッチ

btn_honz 

読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...