京音

京都の音楽シーンを担うインディーズバンドが集結する無料ライブイベント「京音-KYOTO-」が今年も開催!第1回目は今月30日で「The Fax」「the ...
京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」。旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッ...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
子どもの頃、トンネル内でパチンと手を叩いたり、あ〜♪(なぜか決まって「あ」)と声を出しては、音の響きを楽しんだもの。この反響・残響効果をより細分化して、1...
Collective-Revolutionの記事によれば、音楽にはすべての基準となる音の高さ「基準周波数」というものがあり、1953年に国際標準化機構(I...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
小山田圭吾さん×中村勇吾さんが担当した「谷川俊太郎展」の空間演出にノックアウトされた身としては、無視してはいけない内容に違いない! と意気込んで参加したと...
今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
会場のあるゆりかもめ新豊洲駅までは、渋谷駅から30分ほど。しかも、駅からは徒歩30秒で会場に到着できるのがこのイベント。まず、移動がめちゃくちゃ楽ちんなん...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
ホワイトノイズを、ケンタッキーフライドチキンの特設WEBサイト「KFCHILL」で聞くことができます。
ワイヤレススピーカーはいくつか持ってますが、リビングでの音楽鑑賞はこの〈ソニー〉の「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」に任せっきり。最近は口コミサ...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
「白川八木邸」は、京都市から認定を受けた京町家の一棟貸し宿。日本庭園や枯山水、ひのき風呂など、京都を感じる要素が勢揃いです。