香水苦手でもOK!南仏コルシカ島生まれの果実「セドラ」を使ったロクシタンのメンズコスメが人気!

男女問わず人気の柑橘系(シトラス系)の香り。爽やかな香りをフレグランスなどで愛用している人も多いことでしょう。ただ、一般的な柑橘系フレグランスだと、ちょっともの足りない気も…。とくに大人の男性としては、爽快感に加えて、香りに“強さ”や“個性”も欲しいところです。
実際、世の中の20代、30代男女に柑橘系の香りについてどう思っているのか聞いてみました。

結果はご覧の通り。柑橘系の香りってどれも似ているんですよね〜。また、「新しい柑橘系の香りを試してみたいと思う?」という質問に対しても「試してみたい」と答えた人が50%以上という結果に。まとめると、多くの男女が「柑橘系は好きだけど、なにか新しいものを!」と考えているようです。
そこで注目したいのが、今季ブレイクの兆しを見せているサードウェーブシトラスこと「セドラ」。このフルーツの香りは、これまでの柑橘系とちょっと違います!

柑橘系なのに、
程よくスパイシー
男性的な力強い香り!

「セドラ」は南仏のコルシカ島が原産。レモンの原種とも言われているフルーツです。その香りは瑞々しく爽やかさに溢れていますが、一方で力強さも。レモンやグレープフルーツといったフルーツとはひと味違って、男性らしいウッディ系の力強い香りも感じさせるのが特徴です。
ちょっぴりスパイシーな“天然のシトラス系メンズフレグランス”と言えば、イメージしやすいかもしれません。

今季、ロクシタンが
「セドラ」を製品化!

そんな「セドラ」の香りにいち早く着目したのが、日本でも大人気のナチュラル派コスメブランド、ロクシタン。この6月3日には「セドラ」の香りをフィーチャーした「セドラ  オードトワレ」を発売。 果実「セドラ」ならではの“爽やか&スパイシー”な個性を活かして、印象深い香りに。
また、「セドラ」の果実をイメージしたというボトルデザインもシンプルながら高級感もあって、インテリアとしても洒落てます。

btn_loccitane_150526_01

香水が苦手なメンズも
使いやすい「オードトワレ」

この「セドラ オードトワレ」ですが、フレグランスのなかでもいわゆる香水(パルファム)ではなく、ほのかな香りが楽しめるオードトワレであるのもポイントです。
「香水はちょっと匂いがキツすぎて…」という男性も、オードトワレならビジネスシーンでも取り入れやすく、日常使いにもぴったりですね。

シャワージェルやフェースジェル、
そのラインナップにも注目!

ロクシタンでは、オードトワレ以外にもシャワージェルやスティックコロン、フェースジェル、フェースクレンザーといったアイテムを同時に発売!
もともとロクシタンは、ナチュラル派コスメの代表的ブランドだけに、香りだけでなく、スキンケアアイテムとしての側面も。肌のコンディションをしっかりとサポートしてくれます。

Sponsored by L'OCCITANE

TABI LABOでは、月に1回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。男性の皆さん必見です! 今回のテーマは「香り...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...