「寝相」でわかる、恋人の本性

人生の1/3もの時間を費やす「睡眠」のスタイルにこそ、人の本性が表れる──。こう明言するのは「Elite Daily」の人気女性ライターLauren Martinさん。彼女が記し、一時期アメリカでも話題になった、寝相による性格診断記事を、紹介したいと思います。

01.
肘と膝がつくほど、赤ちゃんのように丸まる
→「話ベタで奥手」

この寝相の人は、ぱっと見、強そうに思えてじつは繊細ですそして、感情に流されにくく、なかなか人を好きになりません。

一方で、いったん心を開いた相手とは強いきずなで結ばれ、愛に満ちた関係を築くことができます。

02.
ピンと伸びた姿勢で、ほぼ直立不動
→「話し上手で浮気性」

手のひらがももの外側に付くように、ピンと伸びた姿勢で眠る人は、積極的に外に出ていき、人と関わるのが大好き。良く言えば社交的で話し上手。悪く言えばつき合う相手をコロコロと変える、浮気性タイプ。

つらい思いをしたくないのであれば、親密にならないのが得策かも。

03.
横向きで両手を身体の前に置く
→「疑心暗鬼タイプ」

左右どちらでも、身体を横向きにして、両手が身体の前面に出る寝相の人は、他人をなかなか信用しようとしない性格です。もしかしたら、過去に誰かから傷つけられた経験があって、偏見を持つようになってしまったのかもしれません。

誰かとつき合っていても相手を疑ってかかることが多く、関係を長続きさせるのはなかなか難しいでしょう。

04.
仰向けで両手を顔より上にあげる
→「気さくで人懐っこい」

いわゆる大の字に近いこの寝相をする人は、気さくで人懐っこい。さらには誠実で正直者です。失恋しても立ち直りが早く、ちょっとやそっとのことでは落ち込みません。

真実の愛をいつも探し求めていて、つねに恋人がいるタイプです。

05.
両手をグーに握った状態でアゴの下に置く
→「石橋を叩いて渡る慎重派」

両手に握りこぶしを作って、仰向けの姿勢で胸の上で組んで寝る人。これは先に紹介した赤ちゃんの寝相と類似していて、強そうに見せかけるのは繊細さの裏返しにすぎません。石橋を叩いて渡るような慎重で神経質なタイプです。

つねに他人に質問を投げかけ分析し、自分を傷つけたりしない人だと分かるまで、なかなか心を開きません。

06.
腕で枕を抱きかかえたままうつ伏せ
→「人見知りで消極的」

そもそも、このタイプの人は人見知りで自分の意見を言いません。何か問題が起こっても、それに対して立ち向かおうとしないのです。それは困難な状況に身を置くことが苦手で、関係を長く続けることがなかなかできない性格がゆえのこと。

でももしかしたら、弱いからというわけではなく、単に平和主義者なだけとも言えそう。

07.
とにかく枕を抱いて寝る
→「ロマンチスト」

枕を胸に抱いて眠る人がごく稀にいますが、彼らはロマンチストで恋人を大切にするタイプ。恋人だけでなくすべての人間関係を大切にできる、思いやりがあって優しい性格です。

さて、いかがでしたか?

言われてみれば…という気がしてきませんか?じつは、Martinさんが寝相で性格を言い当てるのには、きちんとした理由があってのこと。

この性格診断のベースとなっているのは、健康情報コミュニティサイト「WebMD」による、男女約1,000人を対象に行った調査。睡眠時の人間の姿勢がどのように健康に影響を与えているかを調べたものだそう。

たとえば、「赤ちゃんのような姿勢で寝る人」は全体のおよそ41%で、さらに男性の2倍近くの女性がこのポジションで眠っていることが判明しました。

調査を監修した、英国睡眠学会の会長を務めるChris Idzikowski博士は、寝相と性格の関係は「睡眠の質」にあると強調します。つまり、寝相の悪さからくる睡眠不足が、性格にも少なからず影響を与えているという見解だそうです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
Reference:WebMD
「LittleThings.com」によると、なんと寝相で恋人との関係が分かってしまうといいます。どんな体勢で寝るかによって、2人の関係がうまくいっている...
ライターのリンダ・バルス氏が、眠り方でカップルの仲が分かってしまう!と、「 WorldLifestyle」で紹介しています。幸せなカップルの寝相をマネする...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
この記事のライターElyse Wanshel氏曰く、「寝相はあなたがどんな人物であるかを正確に表わしている」んだそう。米メディア「LittleThings...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
大好きな恋人と良好な関係を維持する秘訣とは?この問いを20年にわたって研究しているJohn Gottman氏の主張によると、派手な愛情表現は必要ありません...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...